#author("2022-11-26T23:38:12+09:00","default:kaw","kaw")
#author("2022-11-27T18:29:43+09:00;2022-11-26T23:38:12+09:00","default:kaw","kaw")
*河豚板 - OpenBSDベースのライブシステム [#u32e42d4]
RIGHT:川俣 吉広~
kaw@on.rim.or.jp

CENTER:河豚板は[[OpenBSDオペレーティングシステム>https://www.openbsd.org/]]を応援しています。

**リリース情報 [#x0c33cd2]
//#ref(Welcome/pix15.jpg,wrap,around,right)
[[OpenBSD 7.2>https://www.openbsd.org/72.html]]をベースにした[[河豚板 7.2>FuguIta/7.2]]は2022年10月31日に公開されました。
-arm64 プラットフォームでは、今回のリリースでフレームバッファコンソールが有効になりました。そして、ネットワークは事前設定されなくなりました。~
つまり、i386やamd64プラットフォームと同じ使用方法になっています。

-本リリースからは、パーティションのルート直下に置かれた自動起動の設定ファイル noasks は機能しなくなっています。~
リリース/アーキテクチャ毎のディレクトリに配置したnoasksファイルだけが有効です。~
(例:amd64の場合: sd?d:/livecd-config/7.2/amd64/noasks)

-dtjsetupの改良
--IceWMと日本語環境のセットアップを選択した場合、日本語フォント表示に対応した $HOME/.icewm/preferences ファイルが生成されます。

--fluxboxを選択した場合、スタートスクリプトとしてstartfluxboxが $HOME/.xsession 中に書き込まれます。

現行リリース: [[''FuguIta-7.2-*-202211261''>FuguIta/Download]]
--[[OpenBSD 7.2のパッチ005, 006, 007>https://www.openbsd.org/errata72.html]]を適用しました。
--[[OpenBSD 7.2のパッチ006, 007, 008>https://www.openbsd.org/errata72.html]]を適用しました。

**河豚板とは [#ad10e398]
河豚板は、[[OpenBSD>https://www.openbsd.org/]]を基にしたライブシステムです。

-i386, amd64, arm64プラットフォームで動作します。

-[[LiveDVD>https://ja.wikipedia.org/wiki/Live_CD]]用にISOイメージファイルを、[[LiveUSB>https://ja.wikipedia.org/wiki/Live_USB]]用にディスクイメージファイルを提供しています。

***特徴 [#j1c07a55]
''手軽に使えます''
-DVDやUSBメモリから起動して使えます。PCの内蔵ディスクへのインストール作業は必要ありません。
-通常のOpenBSDとほとんど同じ感覚で操作でき、内蔵のオンライン・マニュアルも利用できます。
-OpenBSDのパッケージ管理システムを使い、ソフトウェアの追加インストールもできます。

''OpenBSDのパッチに追従''
-OpenBSDの開発グループから公表される[[Errata>https://www.openbsd.org/errata71.html]] (セキュリティ対応や信頼性向上のための修正)に対して都度、対応版を作成しリリースしています。河豚板自身の修正や機能追加も随時行っています。

''柔軟な運用形態''
-ハードウェアの性能に応じ、3種類の起動モードを選択できます。
--モード0:河豚板の標準的な起動モードです~
--モード1:短時間で起動し、省メモリで動作します((i386プラットフォーム/起動モード1/Xなし の条件で、最小必要メモリは約70MBです))
--モード2:システム全体をメモリに転送し、高速に動作します
-[[複数の河豚板デバイスを装着する>河豚板ガイド#multidevice]]ことで変則的なハードウェア構成にも対応できます。

''LiveUSBの特徴を活用''
-[[ファイルを保存>河豚板ガイド#usbfadm_sync]]し、次回以降の[[起動時に読込め>河豚板ガイド#boot_mode3]]ます([[自動化>河豚板ガイド#autorun]]も可能です)。
-アップデートツールにより[[簡単・安全な更新>河豚板ガイド#fiupdate]]を行えます。

''サポートツールをご提供''
-[[ネットワーク設定作業>河豚板ガイド#netconf]]や[[日本語デスクトップ環境の構築作業>河豚板ガイド#dtjsetup]]を対話的に行うツールが付属しています。

''メディアの複製とカスタマイズ''
-動作中の河豚板から[[LiveDVD>河豚板ガイド#livedvd_remaster]]や[[LiveUSBを複製>河豚板ガイド#liveusb_remaster]]できます。
--LiveDVD→LiveUSB、LiveUSB→LiveDVDの複製も可能です。
-複製作業時に内容に手を加えることで、カスタマイズも可能です。
-LiveUSBの複製では、データ保存用パーティションの[[暗号化>河豚板ガイド#encrypt]]もできます。

**河豚板ガイド [#x7ccdc0d]
河豚板ガイドは、ライブメディアの作成方法・基本的な使いかたに始まり、進んだ応用・開発ツールの使用に到るまでを順を追って解説している文書です。~
河豚板ガイドをブラウザから印刷すれば、そのままマニュアルとして使えます。

>[[''河豚板ガイドを読む''>河豚板ガイド]]

**その他の資料 [#e23f3d8c]
いままでに公開された資料です。~
現行版の河豚板とは内容的に違っている部分もありますのでご注意ください。

#aname(Qiita2021)
***チュートリアル [#caa797d5]
-''[[OpenBSDライブシステム「河豚板」の日本語デスクトップ環境を構築する>https://qiita.com/ykaw/items/ca008a34d73d5f1f6dd8]]''~
2021年にリリースされた河豚板 7.0を用いて日本語デスクトップ環境を構築する具体的な手順を紹介しています。

#aname(ebug_doc)
***勉強会 [#pf129147]
-''[[EBUG勉強会 資料一覧>EBUG勉強会]]''~
[[EBUG>https://www.ebug.jp/]] (Echigo BSD Users Group)の勉強会で発表したOpenBSDおよび河豚板関連の資料です。

#aname(OSC)
***オープンソースカンファレンス関連 [#k615e1ea]
[[オープンソースカンファレンス>https://www.ospn.jp/]]で発表された河豚板関連の資料です。

-''河豚板のご紹介'' - オープンソースカンファレンス2020新潟オンライン、セミナー
--[[発表動画 (字幕付)>https://www.youtube.com/watch?v=4wPSr1WPH3U]]
--発表資料: &ref(FuguIta_OSC2020.odp); - ODP形式 /  &ref(FuguIta_OSC2020.pdf); - PDF形式 

-''[[河豚板のご紹介 〜NISOC編〜>http://netmemo.ddo.jp/kaw-nisoc/#y2020]]'' ~
「河豚板のご紹介」を改版し、[[新潟インターネット研究会>https://www.nisoc.or.jp/]](NISOC) 2020年9月会合での勉強会資料としたものです。

-''[[OpenBSD LiveCD「河豚板」の紹介>https://docs.google.com/presentation/d/17o0XoTO8c2JRKTxSOA75rxvOlxHIeI_opLAkesKmQ-0/edit?pref=2&pli=1#slide=id.p]]'' - オープンソースカンファレンス2015新潟、セミナー

-''OpenBSD LiveCD「河豚板」の開発'' - オープンソースカンファレンス2010新潟、セミナー
--発表資料: &ref(FuguIta_OSC2010.odp); - ODP形式 /  &ref(FuguIta_OSC2010.pdf); - PDF形式

-''EBUG出展ブースで配布した説明資料''
--[[OSC会津2011>LiveCD/OSCAizu2011]] / [[OSC新潟2010>LiveCD/OSC2010]] / [[OSC新潟2009>LiveCD/OSC2009]] / [[OSC新潟2007>LiveCD/OSC2007]]

Front page   Edit Diff History Attach Copy Rename Reload   New Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes