#topicpath
 *河豚板の歴史 [#x5b797cf]
 RIGHT:EBUG 第73回会合 ~
 2020年5月30日 ~
 川俣吉広、kaw@on.rim.or.jp
 
 #ref(fugudevices.png,around,right,70%);
 #ref(fugudevices.png,around,right,60%);
 河豚板(FuguIta)はOpenBSDをベースにしたライブシステムで、2004年のCD-OpenBSD 3.6から始まり、現行バージョンは、2020年5月26日に公開されたFuguIta-6.7です。
 
 河豚板は、以下のような特徴を持ちます。
 
 -様々なデバイス/ファイルシステムで使用可能
 
 -数種類の起動モードから使用目的に応じたファイルシステムのレイアウトを選べる
 
 -OS起動後の操作は、素のOpenBSDと同じ((ライブシステム固有の部分は除きます))
 
 -レガシーなマシン、低スペックなシステムを可能な限りサポート
 
 -現行OpenBSDのerrataに追従
 
 今回は河豚板の開発の経緯を時系列でたどって、なぜ上記のような特徴を持つようになったのかを見てゆきたいと思います。
 
 #img(,clear)
 // CENTER:&ref(kaden_CD_DVD.png,,25%);&ref(usb_memory_stick.png,,25%);
 // CENTER:&ref(computer_sdcard.png,,25%);&ref(nettaigyo_harisenbon2.png,,25%);&ref(computer_ssd.png,,25%);
 // CENTER:&ref(computer_harddisk.png,,25%);&ref(computer_hdd_portable.png,,25%);
 
 **年表 [#t9cf24b4]
 |CENTER:西暦|CENTER:REL|CENTER:REVs|CENTER:開発項目 |CENTER:関連イベント|h
 |CENTER:|CENTER:|RIGHT:|LEFT:|LEFT:|c
 |2000  |2.7  |-    |                                                            |                                                       |
 |      |2.8  |-    |                                                            |OpenBSD初導入                                          |
 |      |     |     |                                                            |                                                       |
 |2004  |3.5  |-    |                                                            |                                                       |
 |      |3.6  |?    |[[CD-OpenBSD公開>EBUG勉強会/20050917_LiveCD]]               |OpenBSD情報サイトkaw.ath.cx運用開始                    |
 |2005  |3.7  |?    |USBメモリへの保存(usbfadm),読出し(起動モード3)実装          |                                                       |
 |      |3.8  |?    |省メモリ・高速起動モード(起動モード1)実装                   |                                                       |
 |      |     |     |フロッピーへの保存(fadm),読出し(起動モード4)実装            |                                                       |
 |      |     |     |デバッグ用シェルモード(起動モード5)実装                     |                                                       |
 |2006  |3.9  |?    |名称をCD-OpenBSDから河豚板(FuguIta)に変更                   |ミラーサイトlivecd-mirror.ebug.jp運用開始              |
 |      |4.0  |5    |                                                            |BitTorrentによる配布開始(tracker/seederは自前運用)     |
 |      |     |     |                                              |[[放送運行の支援端末として運用>EBUG勉強会/20130216_IRC_Applications]]|
 |2007  |4.1  |4    |                                                            |(4.1-200705222 suggested by itojun)                    |
 |      |4.2  |3    |                                                            |                                                       |
 |2008  |4.3  |5    |i386上でQEMUを用い、amd64版河豚板を試作・提供               |                                                       |
 |      |4.4  |9    |UP/MP両カーネルをサポート                                   |                                                       |
 |      |     |     |記憶デバイスの自動検出機能を実装                            |                                                       |
 |      |     |     |[[LiveUSB版の提供を開始>EBUG勉強会/20090221_LiveCD_3]]      |                                                       |
 |2009  |4.5  |14   |オンメモリモード(起動モード2)を実装                         |                                                       |
 |      |     |     |vnodeデバイスによるマウントを実装                           |                                                       |
 |      |4.6  |10   |非対話起動を実装                                            |                                                       |
 |      |     |     |fast-boot-cacheを実装                                       |                                                       |
 |      |     |     |LiveUSBのリマスタリング機能を実装                           |                                                       |
 |2010  |4.7  |4    |FAT上での運用を実装                                   |[[isobooster>https://github.com/isobooster/isobooster]]に収録|
 |      |     |     |                                   |[[DistroWatch.comに登録>https://distrowatch.com/table.php?distribution=fuguita]]|
 |      |     |     |                                      |[[Wikipediaに登録>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E8%B1%9A%E6%9D%BF]]|
 |      |     |     |                             |OSC2010Niigataにて OpenBSD LiveCD 河豚板の開発を発表 &ref(河豚板/FuguIta_OSC2010.pdf);|
 |      |4.8  |6    |                                                            |                                                       |
 |2011  |4.9  |1    |CDの収録容量を650MBから700MBに変更                          |                                                       |
 |      |5.0  |4    |                                                            |                                                       |
 |2012  |5.1  |1    |                                                            |                                                       |
 |      |5.2  |2    |                                 |[[放送音声の測定システムとして運用>EBUG勉強会/20130216_IRC_Applications#if269bc1]]|
 |2013  |5.3  |2    |                                                            |                                                       |
 |      |5.4  |9    |NTFS上での運用を実装   |OpenBSD Journalに[[紹介記事掲載>https://undeadly.org/cgi?action=article;sid=20131210093950]]|
 |2014  |5.5  |6    |                                                            |2番目のミラーサイトをmirror.ginzado.ne.jpで運用開始    |
 |      |     |     |                                                         |Wikiの運用ドメインをkaw.ath.cxからfuguita.ddo.jpに暫定変更|
 |      |     |     |                                                            |Wikiの運用ドメインをfuguita.ddo.jpからfuguita.orgに変更|
 |      |5.6  |12   |メモリファイルシステムをmfsからtmpfsに変更                  |                                                       |
 |2015  |5.7  |11   | |OSC2015Niigataにて[[OpenBSD LiveCD 河豚板の紹介>https://docs.google.com/presentation/d/17o0XoTO8c2JRKTxSOA75rxvOlxHIeI_opLAkesKmQ-0/edit?pref=2&pli=1#slide=id.p]]を発表|
 |      |5.8  |7    |起動時の処理を大幅に見直し                                  |[[河豚板ガイド]] を公開                                |
 |      |     |     |Linux ExtFS上での運用を実装                                 |                                                       |
 |2016  |5.9  |11   |                                                            |                                                       |
 |      |6.0  |16   |アプリ添付・日本語化を廃止                         |開発リポジトリを[[GitHubで公開>https://github.com/ykaw/FuguIta]]|
 |      |     |     |[[amd64版提供>EBUG勉強会/20161119_河豚板のマルチプラットフォーム対応]]|                                             |
 |2017  |6.1  |15   |                                                            |                                                       |
 |      |6.2  |8    |arm64([[Raspberry Pi 3>EBUG勉強会/20170819_OpenBSD_rpi3]])版提供|                                                   |
 |2018  |6.3  |15   |ネットワーク再設定ツールgennetconfs提供                     |                                                       |
 |      |6.4  |21   |[[シリアルコンソール運用をサポート>EBUG勉強会/20190223_SerialConsole]]|                                             |
 |      |     |     |[[UEFI起動/GPT/Hybrid MBRをサポート>EBUG勉強会/20190223_UEFI_GPT]]|                                                 |
 |2019  |[[6.5>EBUG勉強会/20190525_FuguIta65]]|12|usbfadmにイメージファイル作成機能を実装|[[ミラーサイトのリニューアル及び新設>FuguIta/Download]]|
 |      |     |     |パーティションの追加マウント機能を実装                      |                                                       |
 |      |[[6.6>EBUG勉強会/20191030_FuguIta66]]|18|LiveCD版をLiveDVD版に変更|BitTorrentによる配布を再開([[LinuxTracker上で運用>https://linuxtracker.org/index.php?page=torrents&search=&category=2046&active=1]])|
 |      |     |     |                                                            |河豚板によるwww.ebug.jpの運用を開始                    |
 |      |     |     |リマスター時のスワップパーティション作成機能を実装          |                                                       |
 |      |     |     |[[デスクトップ・日本語環境設定ツールdtjsetup提供>EBUG勉強会/20200229_dtjsetup]]|                                    |
 |2020  |6.7  |1....|                                                            |                                                       |
 
 **まとめ [#ibaef24c]
 
 - 当初はISO9660ファイルシステム上に作成されたシンプルなLive CD
 
 - 以下の2つが主な要因となり、[[運用のバリエーションが豊富に>FuguIta/BBS/8#wefc0ba0]]なった 
 
 -- vnodeデバイスのマウント、LiveUSBの公開などを契機に多様なファイルシステムに対応
 
 -- 起動モードが複数実装され、ファイルシステムのレイアウトに幅ができた
 
 - 特定の運用に特化したワンオフ的運用などに便利
 
 - 公開当初は国内/国外のユーザがほぼ同数。現在は大多数のユーザが海外
 ----
 #topicpath
Reload  New Edit Diff Attach Copy Rename  Top Index Search Recent Backups  Help  RSS