*企業内で使用されるOpenBSD [#b86348b3]
私の職場でOpenBSDが使われている様子を紹介します。

これらのサーバは、社内LANとインターネットを接続する
ゲートウェイ/ファイアウォールとして使用されて
いました。

現在は別システムにリプレースされていますが、これらの
サーバ群は2001年10月〜2005年10月の間、ノントラブルで
運用を行うことができました。
----
#ref(ctrlroom.jpg)
サーバは奥のラック室内、左端に設置されています。
----
#ref(gw1.jpg)
映像機器ラックの奥にFirewall/GatewayのPCラックが設置されています(社屋工事の関係で、隅っこに押しやられていますが‥)。
----
#ref(gw2.jpg)
機器一覧
-中段左: IDS, ネットワークモニタ用
--snort, ntop
--FreeBSD(98)
-中段右: Firewall/Gateway
--sendmail, BIND, ntpd, DeleGate, etc.
--OpenBSD 3.7

下段のセット。左から;
-下段左: UPS
-下段右: Firewall/Gateway (HTTP/HTTPS専用)
--BIND (cache), Squild, DeleGate
--OpenBSD 3.7

運用開始は1999年4月。最初はLinux 2.2で運用を開始し、
2001年10月に使用OSをOpenBSDに変更し、2005年今10月初頭まで運用を行いました。
----
#ref(gw3.jpg)
PCラック裏面。
手前の2台は使用を終了したサーバ。
-Firewall/Gateway予備機。使用していないとき(ほとんどですが)は、OpenBSD currentのAuto Buildマシンとして動作していました。
-社内LANモニタ (OpenBSD 3.7)
--社内の全IP機器に順番にpingを飛ばしていき、その結果をPostgreSQLに記録しているもの。

奥の柱にくっついている2台
-UPS
-秘密サーバ(OpenBSD 3.7、私物)。現在臨時NTPサーバとして運用中。
----
[[FrontPage]]にもどる。
Top Index Search Recent Backups  Help  RSS