*河豚板は、OpenBSDが動作するLiveCDです。 [#n0ed9534]
 **OpenBSDとは? [#l79e8040]
 #ref(openbsd.jpg,around,right,50%)
 OpenBSDは、FreeBSDやNetBSDなどと同じ、フリーに入手・利用できるBSD Unix
 系のオペレーティング・システムです。
 
 OpenBSDは、高いセキュリティを念頭に置いて設計されており、セキュリティ上
 の問題がないかどうか、常にプログラムコードのチェックが行われています。~
 OpenBSDで使用されているプログラムにセキュリティホールが発見さ
 れた場合も、ほとんどの場合迅速に対応がなされます。
 
 また、セキュリティ向上のためにソフトウェアが新たに開発され、OpenBSD以外の
 システムでも広く使われているものもあります。
 例えば、安全な通信を行うためのツールOpenSSHや、
 外部からのアクセスを制御するためのPF (Packet Filter)などがよく知られています。
 
 OpenBSDの公式サイトは、http://www.openbsd.org/ja/ です。
 こちらから詳しい情報を得ることができます。
 **LiveCDとは? [#q0fe084a]
 LiveCDとは、CD-ROM一枚で気軽に使えるシステムです。
 
 パソコンをCD-ROMから立ち上げる設定にし、LiveCDを起動すると、
 パソコン内蔵のハードディスクを使うことなく、CD-ROMから必要な
 全てのソフトを呼び出し起動します。いわゆるインストール作業は必要ありません。
 
 このLiveCDは様々な種類のものが多く出回っており、最近ではLinuxや*BSDなどの
 フリーなOSの多くがLiveCDを提供しています。
 **河豚板の特徴 [#s4b0ac67]
 河豚板は、OpenBSDをベースに作成されたLiveCDです。~
 開発と保守は全て川俣吉広 (kaw@on.rim.or.jp) により行われており、
 EBUG (Echigo BSD Users Group)により、配布サポート等が行われています。
 
 日本国内ではそれほどメジャーではないOpenBSDですが、河豚板を使い
 OpenBSDを気軽に体験することができます。
 
 河豚板は、以下のような特徴があります;
 :ハードディスクインストールに近い環境を実現|
 河豚板はできる限り通常のハードディスクへのインストールと同じ環境になるように設定されています。
 ログイン後の各種操作・設定などはハードディスクにインストールしたOpenBSDと変わりありません。~
 また、CD-ROMから呼び出されたファイルも、ユーザが自由に変更できるように工夫されています。
 :作業環境を持ち運び可能に|このLiveCDでユーザが作成・編集したファイルは、
 USBフラッシュメモリ又はフロッピーディスクに保存し、次回起動時に読み込ませることができます。
 これにより、作業環境を手軽に持ち運び、他所のPC上でも同じ環境で作業を継続するような
 使いかたもできます。
 :ロースペックマシンでも動作|Xウィンドウシステムを使わない状態では、実装メ
 モリ量27メガバイト程度から起動します。
 
 :追加ソフトの利用|OpenBSDシステムに備わっているpkg_addコマンドやportsシステムを用いてソフトを追加することが可能です。
 追加したソフトはUSBフラッシュに保存すれば、次回起動時以降も使い続けられます。
 
 :日本語対応|カーネルのタイムゾーンを日本標準時に設定してあります。~
 各種日本語対応アプリケーションが同梱され、日本語が使用可能なように設定済みです。~
 XはXLOCALE付でビルドされたものがインストールされています。
 **河豚板を使うには? [#c487a10d]
 河豚板の公式サイトは、 http://kaw.ath.cx/openbsd/?LiveCD です、
 まずそちらをご覧下さい。
 使用するための手順は大まかに以下のようになります;
 +ダウンロードサイトより圧縮イメージファイルを取得
 +圧縮されたイメージファイルを展開
 +イメージファイルをCD-ROMに書き込み
 +出来上がったCD-ROMを使用してコンピュータを起動
 
 公式ページ http://kaw.ath.cx/openbsd/?LiveCD にある
 メニューより「LiveCDの歩き方」に進むと使用手順の詳細を読むことができます。
 **同梱ソフト一覧 [#xc6a3cd2]
 河豚板にはOpenBSD本体に加えて、各種ソフトが追加されております。~
 これらを用いてメールの送受信、ウェブブラウズやチャット、あるいは動画や音声の再生などが行え、
 パーソナルユースに適した環境が構築されています。
 #ref(fuguita-icewm.png,around,right,25%)
 インストール済みのソフトは以下の通りです;
 -オペレーティングシステム ~
 OpenBSD 4.1
 -ネットワーク~
 fetchmail(メールの受信), procmail(メール自動処理), w3m(ウェブブラウザ),
 rdesktop(Windowsリモートデスクトップ接続), rsync(ファイルの同期),
 Mew(メール), Riece(IRC (チャット)), Emacs-w3m(Emacsエディタからウェブ閲
 覧), Transmission(BitTorrentクライアント), DeleGate(プロキシ)
 -メディア~
 xv(画像ビューワ), mplayer(動画・音声ビューワ), cdparanoia(音楽CDのリッ
 ピング), lame(WAV -> BMP3変換)
 -日本語~
 kterm(漢字ターミナル), jless(日本語対応lessページャ), nkf(漢字コード変
 換), freefonts, ja-fonts-funet, ja-fonts-gnu(各種日本語フォント),
 Navi2ch, Mona font(2chブラウザ), Migemo(日本語の直接検索)
 -その他~
 bash(シェル), bzip2,zip/unzip(ファイル圧縮・展開), screen(テキストスク
 リーンマネージャ), Ruby(オブジェクト指向スクリプト言語), Gauche(Scheme
 言語インタプリタ), IceWM(X ウィンドウマネージャ), ROX-Filer(ファイルマ
 ネージャ), Emacs 22(テキストエディタ)
 **河豚板デモ [#wc9b92d7]
 オープンソースカンファレンス2007 Niigataに出典中の
 EBUG (Echigo BSD Users Group)ブースでは、
 河豚板のデモを行っています。ぜひご覧下さい。
 
 ご質問などありましたら、ブースの説明員までお気軽にどうぞ。
 
Top Index Search Recent Backups  Help  RSS