*[[CD-OpenBSD-3.9>http://kaw.ath.cx/dl/pub/OpenBSD/LiveCD/alpha/]]の作成 [#beb20608]
現在、2006, 5/1リリース予定のOpenBSD 3.9をベースにしたLiveCDを作成中です。
**収録アプリケーション [#l23bea30]
[[CD-OpenBSD-3.9.iso.bz2>http://kaw.ath.cx/dl/pub/OpenBSD/LiveCD/alpha/]]に収録されている主なアプリケーションは以下のとおり;
-OpenBSD 3.9のフルインストール
--OpenBSD 3.9の {base,comp,etc,game,man,misc,xbase,xetc,xfont,xserv,xshare}39.tgzをすべてインストール。使い方は、通常のHDDへのインストールと同じ。
--ただし、ライブラリファイルは、デバッグのためシンボルテーブル付きになりサイズが非常に大きくなったので、静的ライブラリ (/usr/lib/lib*.a, /usr/X11R6/lib/lib*.a)は収録していない。
--X Window Systemは、-XLOCALE 付でコンパイルされており国際化機能が有効になっている。
---設定を行なわなくても、startxなどでXが立ち上がる場合も多いが、正常に起動しない場合は、xorgconfig, xorgcfgなどで設定を行なう必要あり。
--タイムゾーンはJST、カーネルのTIMEZONEも、-540分 (=9時間)にセットされているので、日本国内のPCでの使用には問題ないはず。使用したいタイムゾーンが異なっている場合は、ブートローダのプロンプトで-cを入力しUKC (User Kernel Config)を立ち上げ、timezoneコマンドでオフセット(分)を設定、立ち上げ後、rootでログインし、/etc/localtimeのシンボリックリンクを貼り直せばよい。
--タイムゾーンは起動時に変更可能。 
--Xのセッションは、デフォルトではtwmが立ち上がる。.xsession中で切替え可とする。
--twmの設定は若干カスタマイズされており、
---左ボタン:ウィンドウ操作
---中ボタン:(通常あまり使わない)ウィンドウ操作
---右ボタン:各種アプリケーションの起動

>>>に割り付けられている。また、ウィンドウの枠を左クリックでraise、右クリックでraise-or-lowerする((ウィンドウの枠幅は1ピクセルしかないので、クリックは非常にしにくいが、twmの設定でDontMoveOffが設定されているので、ウィンドウがスクリーンの外に出ることはない。ウィンドウをスクリーンの端に密着して配置し、マウスカーソルをスクリーンの端に押しつけるようにしながらクリックすると快適に使える。))。

-portsパッケージ;
--日本語関連 ...  日本語ターミナル kterm / ページャ jless / 文字コードコンバータ  nkf / かな漢字変換サーバ / 日本語フォント freefonts, ja-fonts-funet, ja-fonts-gnu など;
---かな漢字変換サーバは、何を収録するか検討中。
--ネットワーク関連 ... POP3クライアント fetchmail / メールフィルタ procmail / ウェブブラウザ w3m / Windowsリモートクライアント rdesktop / ファイル同期ツール rsync
--映像、音声関連 ... 画像ビューワ xv / メディアプレーヤ mplayer + 各種codec/ MP3プレーヤ mpg123 など
---3.8で収録していた xmms, mpg123などはディスクに余りがあれば収録する。
---MPlayerはあまり安定ではない。ストリーミング再生時、ランダムに落ちることがある。
--その他 ... シェル bash / 圧縮・伸長ツール bzip2 unzip / スクリーンマネージャ screen / オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby / ウィンドマネージャ IceWM / ファイラー ROX-Filer
-独自追加ソフト
--エディタ Emacs22
--メーラ Mew / IRCクライアント Riece / ウェブブラウザ Emacs-w3m / 2ちゃんねるブラウザ Navi2ch+モナーフォント / 日本語インクリメンタル検索 Migemo / 日本語サーバフロントエンド Tamago 4.0 / 各種日本語フォント / 多機能プロキシサーバ DeleGate } / Schemeインタプリタ Gauche 0.8.5
---機能・使用方法の詳細は Info ファイル参照 ... Emacs上で 「M-x info RET」
---Gaucheは、Emacs上で 「M-x run-scheme RET」とすることにより、Emacs上で対話的に使用可能。
---Migemoは、w3m, Emacs上で使用可能。w3mではデフォルトで無効となっている。使用する場合は、オプション設定パネルで有効にする。Emacsではデフォルトで有効。
**TODO [#cb9ad4cb]
[[LiveCD/3.9TODO]]で管理します。
Top Index Search Recent Backups  Help  RSS