Top/EBUG勉強会/20161119_河豚板のマルチプラットフォーム対応

河豚板の複数アーキテクチャ対応

EBUG 第59回会合
2016年 11月19日、ながおか市民センター
川俣吉広、kaw@on.rim.or.jp

OpenBSD Live System「河豚板」は、2005年初頭のCD-OpenBSD 3.6を起源とし、以来 i386アキーテクチャの OpenBSD/i386 をベースとしてリリースを続けてきました。

この度、OpenBSD 6.0をベースとするFuguIta 6.0にて従来のi386アーキテクチャに加え、amd64アーキテクチャに対応版もリリース致しました。

今回の勉強会では、このFuguIta 6.0のamd64対応、およびそれに関連する周辺作業についてご報告致します。

amd64対応の経緯

上述のように、マンパワー的に2つのアーキテクチャに対応するのは困難

ビルド環境の対応

手順はFuguIta-4.3-amd64で確立していたので、今回もほぼそれを踏襲した。

複数アーキテクチャに対応した改良

前項の手順でamd64版の河豚板を生成しリリースできるようになったが、この段階ではi386とamd64が区別できない状態となっている。 つまり、このままでは異ったアーキテクチャ用のファイルを読み込むおそれがあるため、i386版とamd64版とを混在して使用することができない。
この状況を改善するため、以下のような改良を施した;

その他諸々の作業

今後の予定


Top/EBUG勉強会/20161119_河豚板のマルチプラットフォーム対応

Front page   New Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes