*河豚板の運用バリエーション [#qfc8a6d3]

|>|>|BGCOLOR(#d0d0d0):A. 起動に使用するデバイス|
|1|配布ISOイメージを焼いたCD||
|2|配布IMGイメージを書き込んだUSBメモリ|パーティションサイズ1GB固定|
|3|usbfadmでフォーマットしたUSBメモリ|フォーマット時パーティションサイズ指定可|
|4|インストール済のOpenBSD|bsd-fi.mpカーネルをコピーし、起動時に「boot>bsd-fi.mp」と入力|
|>|>|BGCOLOR(#d0d0d0):B. 起動モード|
|0|標準|通常のLiveCD/LiveUSBとして起動|
|1|省資源|省メモリ(最小64MB程度)、起動時間短縮。但しpkg_add等不可|
|2|オンメモリ|全てのファイルをtmpfsに配置。メモリは700MB以上必要|
|3|復帰|セーブされたファイルを読み込んで起動|
|>|>|BGCOLOR(#d0d0d0):C. 起動形態|
|1|手動|起動モード、tmpfsサイズ、運用デバイスなどを手動で入力|
|2|自動|noasksファイルから設定値を読み込んで起動|
|>|>|BGCOLOR(#d0d0d0):D. 運用に使用するデバイス|
|1|配布ISOイメージを焼いたCD||
|2|配布IMGイメージを書き込んだUSBメモリ||
|3|usbfadmでフォーマットしたUSBメモリ、SDカード、HDD、SSD等||
|4|内蔵HDD等のffs, extfs, NTFS, FATパーティション|/ISOディレクトリを作成し、そこにFuguIta-*-*.isoファイルをコピーしておく|
|5|なし|起動モード2、又は起動モード2を保存して起動モード3で読み込んだ場合|
|>|>|BGCOLOR(#d0d0d0):E. ファイル保存先|
|1|配布IMGイメージを書き込んだUSBメモリ||
|2|usbfadmでフォーマットしたUSBメモリ||
|3|HDD等のffsパーティション|/livecd-configディレクトリを作成しておく|
----
|   |ISO|USB|usbf|OBSD|usbf |anyFS|tmpfs|h
|   |   |   |USB |    |SDetc|     |     |h
|A  | O | O | O  | O  | X   | X   | X   |
|B.0| O | O | O  | O  | X   | X   | X   |
|B.1| O | O | O  | O  | X   | X   | X   |
|B.2| O | O | O  | O  | X   | X   | X   |
|B.3| X | O | O  | O  | X   | X   | X   |
|C.1| O | O | O  | O  | X   | X   | X   |
|C.2| X | O | O  | O  | X   | X   | X   |
|D  | O | O | O  | O  | O   | O   | O   |
|E  | X | O | O  | O  | O   | X   | X   |
Top Index Search Recent Backups  Help  RSS