FuguIta Guide is the English version of FuguIta Gaido (Japenese)
translation in progress

川俣 吉広
2015年12月30日

What is FuguIta?

FuguIta(ふぐいた)はOpenBSDというオペレーティングシステム(Operating System: OS)を基に作成されたライブシステムです。

FuguItaは無償で入手・利用することができ、CD-R/CD-RWやUSBメモリに書込んだFuguItaをPCで起動するだけで手軽にOpenBSDを活用することができます。

さらに、FuguItaはバラエティに富んだ起動方法をサポートしていますので単にLiveCD/LiveUSBとして使うだけでなく、ネットワークのテスト環境を簡単・迅速に運用したり、電源を投入するだけでアプリケーションソフトを使用できるターンキーシステムを構築したりといった用途にも用いることができます。

このFuguItaガイドでは、記録メディアへのFuguItaの書込み方法、起動方法、基本的な使用方法に始まり、進んだ応用のための使用手順や設定方法に至るまで、FuguItaを活用するためのノウハウを一通り解説致します。

Unix系OSの使用経験があまりなく、Unixの基本的な事柄について知りたい方は Unixの使い方を調べるをご覧下さい。
LinuxやFreeBSDなど他のUnix系OSの使用経験がありOpenBSDについて詳しく知りたい方は OpenBSDの使い方を調べる を参照願います。


Table of Contents


Desclaimer
この文書は無保証です。
この文書を作成するにあたり著者は正確な内容と明確な表現を心掛けておりますが、この文書に書かれた内容を実施した結果生じた損害等について著者は責任を負うものではないことを了承のうえ、ご利用下さい。
なおこの文書に関して、不明瞭な表現、不足している部分、事実と異なる点などございましたら、著者のメールアドレス kaw@on.rim.or.jp 宛て、お知らせ下されば幸甚に存じます。

Creating Media of FuguIta

この章では、FuguItaが起動するCDやUSBメモリを作成する方法を紹介します。

FuguItaを使うには、主に2つの方法があります。

1つはCD-RやCD-RWにFuguItaを書込み、これを起動する方法で「LiveCD」などと呼ばれます。
もう1つはUSBメモリに書込んだものを起動する方法で、こちらは「LiveUSB」という呼び名があります。

FuguItaはLiveCD版とLiveUSB版のどちらを使用しても同じように利用できますが、それぞれ特徴がありますので用途によって使い分けるのがよいと思います。

  • 一般的にはUSBメモリの方がCDよりデータの読み出し速度が早いので、システムやアプリケーションの起動が完了するまでの時間はLiveUSB版のFuguItaの方が短かくなる場合が多いです。
  • USBメモリは色々な規格のものがあり、PCの機種によってはUSBメモリからうまく起動できないものもあります。また、一部の古いPCではUSBメモリからの起動がサポートされていません。
    対してCDやDVDのドライブは標準化された規格に準拠して製造されているものが殆どなので、それらはほぼ全て問題なくFuguItaが起動します。
  • FuguItaなどの「ライブシステム」は、ハードディスクなどにインストールされないため、データを全てメモリ上に保持しています。このため、通常はシステムを終了するとそれまでのデータはすべて消えてしまいます。
    LiveUSB版のFuguItaにはデータの保存領域が確保されており、この領域に各種設定、ファイルなどを保存し、次回のシステム起動時に復帰させることができます。
  • 記録メディアの単価はUSBメモリに比べCD-Rなどの光学メディアの方が安いため、同時に多数のマシンで動作させたり、メディアをセットしっぱなしの状態で使う、あるいは大量に作成して配布する、といったような使い方にはLiveCD版の方が向いています。

総じて「動作の確実性や経済性を求めるのであればLiveCD版が、性能や利便性を重視するならLiveUSB版が向いている」と言えます。

【メモ】
LiveCD版とLiveUSB版の両方を同時に使う「いいとこ取り」な使いかたもできます。
このテクニックを使うと、例えば「USB起動に対応していないPCでLiveUSB版のFuguItaを使う」ことや「LiveCD版のFuguItaでデータの保存と読み込みをする」ことなどもできます。

最初にFuguItaを使い始めるには、以下の手順を踏みます;

  1. FuguItaの配布サイトからファイルをダウンロードする
  2. ダウンロードしたファイルは圧縮されているので、それを展開する
  3. 展開したファイルをCD-RやUSBメモリに書き込む

以下、それぞれの手順について説明をします。

Downloading FuguIta

#ref(): File not found: "dlsite.png" at page "FuguItaガイド"

FuguItaはフリーソフトウェアです。FuguItaの最新版を始めとした全ての版はインターネットで公開され、自由にダウンロードして使用することができます。

FuguItaのダウンロードサイトは2つあります。

サイトの内容は同じなので、どちらのサイトからでも同じようにダウンロードできます。
これらのサイトにアクセスすると、右図のような内容が表示されます。

このうち、「FuguIta-」で始まる名前のファイルがFuguItaの配布物です。

このファイル名の意味は、次のようになっています。

FuguIta-5.8-201512051.iso.gz
        --- --------- --- --+->ファイルの圧縮形式です。
         |      |      |       ・gz ... gzipコマンドを使って圧縮
         |      |      |       ・xz ... xzコマンドを使って圧縮
         |      |      |
         |      |      +->ファイルの種類です
         |      |         ・iso ... CD-R/CD-RW書込み用のISOイメージです
         |      |         ・img ... USBメモリ書込み用の生イメージです
         |      |
         |      +->FuguItaのリリース(バージョン)です
         |         ・「年月日」「一連番号」 の形式となっています
         |         ・一連番号は、一日のうち2つ以上のFuguItaを作成した場合、
         |           一つづつ増えて行きます
         |
         +->このFuguItaの元となっているOpenBSDのバージョンです

作成するのがLiveCDか、あるいはLiveUSBか、そして手元で使えるファイル圧縮/展開ソフトがgzipかxzかでファイルを選択してダウンロードします。

【メモ: 圧縮ソフトについて】
ファイル圧縮/展開ソフトはgzip形式に対応したものの方が普及しています。一方、xzはgzipよりも圧縮率が高くファイルがより小さいので、ダウンロード時間が短くて済みます。
Windowsでは、7-Zipなどが両形式のファイル展開に対応しています。

ダウンロードが完了したら、圧縮されているファイルを展開します。
以下は、Unix系のOSでシェルのコマンドラインからCD-R/CD-RW用のファイルを展開する場合の例です;

  • gzip形式のファイルを展開する場合
    gunzip FuguIta-5.8-201512051.iso.gz
  • xz形式のファイルを展開する場合
    unxz FuguIta-5.8-201512051.iso.xz

展開が完了するとファイルサイズが約700メガバイトになり、ファイル名も.gzあるいは.xzの拡張子が取れたものになります。

Creating LiveCD of FuguIta

LiveCD版のFuguItaを作るには700MB以上の容量を持つCD-R/CD-RWメディアを用意し、ダウンロード・展開済みのISO形式のファイルを書き込みます。
以下は、OpenBSDのcdioコマンドを使用して書き込みを行う場合の例です;

cdio -f /dev/rcd0c blank                          ←CD-RWの内容を消去する。CD-Rの場合は実行しなくてよい。
cdio -f /dev/rcd0c tao FuguIta-5.8-201512051.iso

【メモ】
他のOSでもISOイメージ書き込みソフトが公開されているので、そのようなソフトを使ってFuguItaのLiveCDを作成できます。

Creating LiveUSB of FuguIta

LiveUSB版のFuguItaを作るには1ギガバイト以上のサイズのUSBメモリを用意し、ダウンロード・展開済みのIMG形式のファイルを書き込みます。
以下は、OpenBSDを使用して書き込みを行う場合の例です;

dd if=FuguIta-5.8-201512051.img of=/dev/rsd0c

【ご注意】
!!上の例の「/dev/rsd0c」の部分は書き込み先となる機器の指定です。これはあなたが使用するPCの周辺機器の接続状態、あるいはddコマンドを実行するオペレーティングシステムの種類によって変ってきます。このコマンドを実行すると指定した機器に記録されているデータは全て消えてしまいますので、書き込み先が正しいかどうかの確認は事前に十分に行って下さい。

【メモ】
ISOイメージ書込みソフト同様、生イメージ書き込み用のソフトも種々公開されていますので、そのようなソフトも利用可能です。
1ギガバイト以上のUSBメモリを使用しても、1ギガバイトを超える部分は使用されません。
USBメモリのサイズに合ったLiveUSB版FuguItaを作成したい場合は 動作中のFuguItaからFuguItaのLiveUSBやデータ保存用USBを作る を参照して下さい。

Booting FuguIta

この章ではFuguItaの起動方法、およびその途中で行う設定値の入力について説明します。

FuguItaを書き込んだCDやUSBメモリをPCにセットして起動すると、FuguItaのシステムが起動します。

【メモ】
CDやUSBメモリをセットして起動しても、すでにインストールされているWindowsやLinuxなどが起動してしまう場合があります。これは、PCにはどの機器を使用して起動するかの優先順設定があり、この設定がCDやUSBメモリより内蔵ハードディスクの方が優先的に起動するようになっているためです。
FuguItaを起動できるようにするにはPCのBIOSメニューの設定を変更し、CDやUSBメモリの優先順位を内蔵ハードディスクより高くします。
PCのBIOSメニューは機種により異なりますので、お使いのPCの取扱説明書をご参照頂くか、ネット上で検索を行い、調べてみて下さい。

FuguItaが起動すると、以下のようなメッセージが表示されます;

Booting from DVD/CD...
CD-ROM: E0
Loading /CDBOOT
probing: pc0 com0 apm pci mem[639K 254M a20=on]
disk: fd0 hd0+* cd0
>> OpenBSD/i386 CDBOOT 3.23
|
>> Uniprocessor kernel is
>> 'bsd-fi' .
>> Enter this if you wish.

boot> 
booting cd0a:/bsd-fi.mp: 11699164+1069068 [83+412048+405876]=0xcf5104
entry point at 0x200120

[ using 818460 bytes of bsd ELF symbol table ]
Copyright (c) 1982, 1986, 1989, 1991, 1993
       The Regents of the University of California.  All rights reserved.
Copyright (c) 1995-2015 OpenBSD. All rights reserved.  http://www.OpenBSD.org

OpenBSD 5.8-stable (RDROOT.MP) #2: Wed Nov 11 13:18:48 JST 2015
    root@nimbus5.localnet:/opt/fi/5.8/sys/arch/i386/compile/RDROOT.MP
cpu0: QEMU Virtual CPU version 2.2.1 ("GenuineIntel" 686-class) 1.96 GHz
cpu0: FPU,PSE,TSC,MSR,PAE,MCE,CX8,APIC,SEP,PGE,CMOV,MMX,FXSR,SSE,SSE2,SSE3,POPCNT,HV,PERF
real mem  = 267796480 (255MB)
avail mem = 248184832 (236MB)
mpath0 at root
...省略...
vscsi0 at root
scsibus2 at vscsi0: 256 targets
softraid0 at root
scsibus3 at softraid0: 256 targets
root on rd0a swap on rd0b dump on rd0b

#ref(): File not found: "fuguboot.png" at page "FuguItaガイド"

【メモ】
実際には画面表示が途中から青地に白になります。

このメッセージはカーネル(オペレーティングシステム本体)が表示しています。

これらの表示にはPCのメモリや周辺機器の接続状態などの認識結果が示されており、起動がうまくいかない場合などのトラブルを解決する際に重要な情報源となります。

OpenBSDカーネルの起動が完了すると、FuguItaのバナーが表示されます。

============================================
=     ______               __   _
=    / ____/              |  |_| |__
=   / /____  ______  __  _|  /_   _/_____
=  / ___/ / / / __ \/ / / |  | | | /  _  |
= / /  / /_/ / /_/ / /_/ /|  | | |_| (_) |__
=/_/   \____/\__  /\____/ |__| \___/____/__/
=            __/ /
=           /___/
=
= Welcome to FuguIta - OpenBSD Live System!
=                 http://fuguita.org/?FuguIta
=============================================

FuguItaのバナー表示に続きこのPCに接続されているディスク機器の調査が行われ、そのうちどれにFuguItaのシステムがインストールされているかの表示が行われます。

以下の例では「FuguIta's operating device(s): cd0a.」とあるので、LiveCD版のFuguItaがCD-R/RWやBlu-Rayなどの光学ドライブにセットされていることがわかります。

よって、「Which is FuguIta's operating device?」(FuguItaの運用機器はどれですか?)のプロンプトに対し cd0a と入力します。

【メモ】
これ以降、様々な値を入力してゆきますが、それらのプロンプト中に「[default: xxxx]」という表示がある場合は xxxx がデフォルト値であることを示しています。この場合は下の例のように<Enter>キーを入力するだけでもxxxx<Enter>と入力されたものと見なされます。

scanning partitions: wd0i wd0j cd0a
FuguIta's operating device(s): cd0a.
Which is FuguIta's operating device? [default: cd0a] ->      ← <Enter>のみ入力

【メモ】
OpenBSDオペレーティングシステムでは、ディスク機器に対して以下のようなルールで名前がつきます。

  • 最初のアルファベット数文字 ... 機器の種類
    • cd ... CD, DVDやBlu-Rayなどの光学ドライブ
    • wd ... ハードディスク(IDE, SATA接続)
    • sd ... USBメモリ、SDカード、メモリスティック、SATA接続、SCSI接続、USB接続のハードディスクなど
    • fd ... フロッピーディスク
  • それに続く数字 ... その種類の機器が複数接続されてる場合、0から増えてゆきます
  • 最後のアルファベット ... その機器内の区画(パーティション)
    パーティションは概ね、以下のように使用されています;
    • c ... その機器全体を表します
    • b ... その機器内のOpenBSDスワップパーティションを表します
    • a, d〜h ... OpenBSDのファイルが格納されるパーティションです。aパーティションはルートファイルシステムとして用いられることが多いです
    • i, j など ... WindowsやLinux用のパーティションはこのi, jパーディションとされることが多いです。
  • 注)cパーティション、bパーティション以外は慣習的にそのようなパーティション名が付けられている場合もあり、上の説明に従わないケースもあります。

続いて、メモリに関する設定を行います。

以下の例ではまず、このPCには約255メガバイトのメモリが装着されていることを報告しています。
そして、その255MBのメモリの内、何メガバイトをtmpfsに割り当てるかをユーザが入力します。

LiveCDやLiveUSBなどのシステムはPCに内蔵されたハードディスクを使用しないため、その替わりにメモリ上にディレクトリやファイルを保持する領域を確保します。OpenBSDではそのための仕組みとしてtmpfs (Temporary File System)というものがあり、FuguItaもこのtmpfsを使用しています。

tmpfsの割当てサイズとして0を指定すると、装着されているメモリに応じて自動で割当てが行われます。
0は入力時のデフォルト値でもあるので<Enter>キーを押すだけで、0が入力されたと見做されます。
通常はこの<Enter>キーだけの入力で問題ありません。

【メモ】
0ではない数値を入力した場合はその値がtmpfsが保持できるファイルの最大値となります。例えば下の例で100<Enter>と入力したとすると、ファイルやディレクトリは合計で最大約100メガバイトまで保持でき、残りの約155メガバイトはプログラムの実行のために確保されます。

user memory: 255 MB
Enter tmpfs size in MB. (0MB is auto)
[default: 0MB] ->                                            ← <Enter>のみ入力
tmpfs size will be automatically allocated

続いて起動モードの選択に移ります。

起動モードはモード0からモード5までの6種類がありますが、まずは標準的なモード0を選択します。

【メモ】
他のモードについては FuguItaを使う【一般編】FuguItaを使う【応用編】 で説明します。

Select boot mode;
  0: fresh boot (normal)
  1: fresh boot (lower memory, faster boot than mode 0)
  2: fresh boot (works only on tmpfs)
  3: retrieve user data from USB flash memory
  4: retrieve user data from floppy disk
  5: interactive shell for debugging
->0
Running manual setup.
Copying system files to /ram ... done
Extracting symlinks from /ram to /fuguita ... done

次はキーボードの言語設定です。

日本語キーボードの場合は「jp」又は「jp.swapctrlcaps」を入力します。

「jp.swapctrlcaps」を入力すると、<Control>キーと<Caps>キーの位置が入れ替わり、<Control>キーはアルファベット「A」キーの左隣となります。
EmacsエディタやBashシェルなどのキー割り付けに慣れている方はこちらのほうがよいかも知れません。

【メモ】
キーボード設定はX Window Systemの環境にも引き継がれます。

Keyboard type;
be      be.swapctrlcaps br      cf
cf.nodead       de      de.nodead       dk
dk.nodead       es      fr      fr.dvorak
fr.swapctrlcaps fr.swapctrlcaps.dvorak  hu      is
is.nodead       it      jp      jp.swapctrlcaps
la      lt      lv      nl
nl.nodead       no      no.nodead       pl
pt      ru      sf      sf.nodead
sg      sg.nodead       si      sv
sv.nodead       tr      tr.nodead       ua
uk      uk.swapctrlcaps us      us.declk
us.dvorak       us.iopener      us.swapctrlcaps us.swapctrlcaps.dvorak
us.swapctrlcaps.iopener                 
-> jp
kbd: keyboard mapping set to jp

キーボード設定に続き、管理者パスワードの設定を行います。

OpenBSDなどのUnix系OSでは、システム管理者のことを「スーパーユーザ (super user)」と呼び、それ以外のユーザを「一般ユーザ (ordinary user)」と呼びます。
スーパーユーザには、あらかじめ「root」というユーザ名が割当てられていますので、そのrootに対してパスワードを設定します。

【メモ】
OpenBSDでは入力したパスワードが短かすぎたり単純過ぎたりすると、警告文が出てそのパスワードは受け入れられません。
設定するパスワードには以下のようなものが推奨されています;

  • 半角6文字以上
  • アルファベットの大文字と小文字を混在させる
  • 数字や記号文字、制御文字なども混ぜる
Please wait ... 
Changing local password for root.
New password:                                 ← パスワード入力は表示されません
Retype new password:                          ← 確認のため、もう一回入力します

最後に、ネットワーク関連の設定を入力します。

【メモ】
ネットワークの設定内容は接続するネットワークの環境によって異なります。
ネットワークの環境に合致しない設定をされたコンピュータが接続された場合、そのネットワークや接続されたコンピュータに思わぬ影響を及ぼすことがあります。
企業内や公共施設などにFuguItaを接続する場合は、そのネットワークの管理者に接続設定について前もって相談することをお勧めします。

最初に、FuguItaを走らせるPCに名前(ホスト名: host name)を付けます。
この例ではホスト名として「fugu-demo」という名前を付けています。

host name (without domain) -> fugu-demo

次は使用するIPプロトコルバージョンの設定です。
IPv4プロトコルを使用する場合は「4」を、IPv6プロトコルの場合は「6」を、IPv4、IPv6両方を使用する場合は「46」または「64」を入力します。

「n」を入力するとIPプロトコルに関する設定は行なわれません。この場合はこれ以上の設定項目はなく、 ログイン画面に移行 します。

以下の例ではIPv4, IPv6両方を使う設定としています。

IP version(s) to use [n, 4, 6 or 46]-> 46

続いてネットワークインターフェースの設定を行います。

まず、このPCに接続されているネットワークインターフェースとその状態の一覧が表示されます。

以下の表示はifconfigというネットワーク設定コマンドの出力ですが、ここではlo0、em0、enc0という3つのネットワークインターフェースが表示されています。

これに続き、「Available network interface(s): em0」と表示されているため、利用できるネットワークインターフェースが em0 であることがわかります。

今までの例と同様、 入力のデフォルトとして em0 が表示されているため、em0を指定するのに<Enter>キーのみを押しています。

==[ifconfig -a]=========================
lo0: flags=8008<LOOPBACK,MULTICAST> mtu 32768
        priority: 0
        groups: lo
em0: flags=8802<BROADCAST,SIMPLEX,MULTICAST> mtu 1500
        lladdr 52:54:00:12:34:56
        priority: 0
        media: Ethernet autoselect (1000baseT full-duplex)
        status: active
enc0: flags=0<>
        priority: 0
        groups: enc
        status: active
========================================
Available network interface(s): em0
network interface to setup [em0] ->                          ← <Enter>のみ入力

【メモ】
lo0, enc0は特殊なインターフェースなので、設定候補からは外されています。
「em」はインテル社製のギガビットイーサネットインターフェースに付けられている名前です。
em以外のイーサネットインターフェースや無線LANインターフェースが接続されている場合なども、それらがifconfigの表示に出力されます。
個々のネットワークインターフェースについてはOpenBSDに内蔵されている オンラインマニュアルで調べること ができます。

次はこのPCのFQDN (Fully Qualified Domain Name)を入力します。FQDNとは先程入力した、このコンピュータの名前にドメイン名を付加したものです。
このコンピュータの「ホスト名.」がすでに表示されているので、残りのドメイン部分を入力します。

FQDN of this host -> fugu-demo.localnet

【メモ】
家庭内のネットワークなどでは、ドメイン名は正式に登録・管理されているわけではないので、適当な名前を付けます。一般に .local.localnet などが使われることが多いようです。
組織によって管理されているネットワークの場合は、そのネットワークの管理者に相談して下さい。

最後にDNSやIPアドレス関連の設定があります。

【メモ】
DNS (Domain Name System)とは、「fuguita.org」のようなドメイン名から「152.152.211.70」のようなIPアドレスを検索するための仕組みです。コンピュータが通信を始める時、まずDNSサーバと呼ばれるコンピュータに検索を依頼し、その検索結果として返されたIPアドレスを使用して通信します。

DNSの設定には3パターンあります。

  • 手動設定 ... 問い合せを依頼するDNSサーバのIPアドレスを直接指定します。
  • DHCP ... DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) と呼ばれる仕組みを使用してDNSサーバの自動的に設定します。
  • DNSなし ... DNSを使用せず、IPアドレスを直接指定して通信を行う場合にこれを選択します。

以下の例のように<Enter>キーだけを入力するとDHCPによる設定となり、DNSサーバは自動で設定されます。
DHCPはこのPCのIPアドレス関連の設定も併せて行いますので起動時の設定はこれで完了です。後はログイン画面に移行します。

【メモ】
DHCPを使用するには、そのネットワークにあらかじめDHCPサーバが設置されている必要があります。
家庭用のネットワーク機器や公共のWi-FiスポットではDHCPサーバが設置されていることが多いです。

DNS setup;
  Manual : Enter up to three IPv4/IPv6 addresses, separated by spaces
  DHCP   : Just press ENTER .
  no DNS : Enter "none".
-> 
========================================

一方、以下のようにDNSサーバのIPアドレスを手動設定した場合は、その後にこのPC自身のIPアドレス関連の設定も行います。
(noneを指定してDNSなし運用を選択した場合も同様にIPアドレス関連を設定します)

DNS setup;
  Manual : Enter up to three IPv4/IPv6 addresses, separated by spaces
  DHCP   : Just press ENTER .
  no DNS : Enter "none".
-> 172.16.1.16                             ←DNSサーバのIPアドレス
IPv4 addr of this host -> 172.16.1.23      ←このPCのIPアドレス
netmask                -> 255.255.0.0      ←このネットワークのネットマスク
default route          -> 172.16.1.95      ←このネットワークのデフォルトルート
========================================

起動時の設定は以上です。残った初期化処理を行った後はログイン画面に移行します。

Automatic boot in progress: starting file system checks.
setting tty flags
kbd: keyboard mapping set to jp
pf enabled
machdep.allowaperture: 0 -> 2
machdep.lidsuspend: 1 -> 0
machdep.userldt: 0 -> 1
starting network
DHCPDISCOVER on em0 - interval 3
DHCPOFFER from 10.0.2.2 (52:55:0a:00:02:02)
DHCPREQUEST on em0 to 255.255.255.255
DHCPACK from 10.0.2.2 (52:55:0a:00:02:02)
bound to 10.0.2.15 -- renewal in 43200 seconds.
openssl: generating isakmpd/iked RSA key... done.
ssh-keygen: generating new host keys: RSA DSA ECDSA ED25519 
starting early daemons: syslogd pflogd ntpd.
starting RPC daemons:.
savecore: can't find device 17/1
checking quotas: done.
clearing /tmp
kern.securelevel: 0 -> 1
creating runtime link editor directory cache.
preserving editor files.
starting network daemons: sshd smtpd sndiod.
Path to firmware: http://firmware.openbsd.org/firmware/5.8/
No devices found which need firmware files to be downloaded.
starting local daemons: cron.
Sat Dec  5 15:08:50 UTC 2015

OpenBSD/i386 (fugu-demo.localnet) (ttyC0)

login: 

ログインプロンプト「login:」が表示されると、このPCはユーザが利用可能な状態になっています。
以降は FuguItaを使う にて説明を致します。

Using FuguIta (for new comer)

FuguItaを起動する では起動及びその設定方法について説明しました。
この章ではシステムが起動完了し、実際に使用する時の基本的な手順について説明します。

また、Unix系OSになじみのない人、そして他のUnix系OSを使用経験がある人が参照すると役に立つ情報源をそれぞれ紹介します。

Logging in and logging out

FuguItaの起動が完了すると、OpenBSDオペレーティングシステムのログイン画面が表示されます。
最初はスーパーユーザのアカウントのみがログインできる状態ですので「login:」のプロンプトに対し root、「Password:」のプロンプトに対し起動時に設定したパスワードを入力します。

OpenBSD/i386 (fugu-demo.localnet) (ttyC0)

login: root
Password:
Last login: Sat Dec  5 15:10:49 on ttyC0
OpenBSD 5.8-stable (RDROOT.MP) #2: Wed Nov 11 13:18:48 JST 2015

Welcome to OpenBSD: The proactively secure Unix-like operating system.

Please use the sendbug(1) utility to report bugs in the system.
Before reporting a bug, please try to reproduce it with the latest
version of the code.  With bug reports, please try to ensure that
enough information to reproduce the problem is enclosed, and if a
known fix for it exists, include that as well.

You have mail.
#

ログインに成功するとシェルのプロンプト「#」が表示され、コマンドが実行可能な状態になります。
例としてpsというコマンドを実行してみます。

# ps -aux
USER       PID %CPU %MEM   VSZ   RSS TT  STAT  STARTED       TIME COMMAND
root         1  0.0  0.0   764     4 ??  Is    11:13PM    0:01.01 /sbin/init
root     16321  0.0  0.0   620     4 ??  Is    11:15PM    0:00.01 dhclient: em0
_dhcp    15024  0.0  0.0   716     4 ??  Is    11:15PM    0:00.00 dhclient: em0
_syslogd   356  0.0  0.0   940     4 ??  I     11:15PM    0:00.03 /usr/sbin/sys
root     12915  0.0  0.0   940     4 ??  Is    11:15PM    0:00.01 syslogd: [pri
root     32600  0.0  0.0   616     4 ??  Is    11:15PM    0:00.01 pflogd: [priv
_pflogd  29838  0.0  0.0   680   348 ??  S     11:15PM    0:00.26 pflogd: [runn
root      4197  0.0  0.0   600     4 ??  I<s   11:15PM    0:00.01 ntpd: [priv]
_ntp     28802  0.0  0.2   996  2124 ??  S<    11:15PM    0:00.33 ntpd: ntp eng
_ntp     10091  0.0  0.0   884     4 ??  I     11:15PM    0:00.04 ntpd: dns eng
root     11122  0.0  0.0   920     4 ??  Is    11:15PM    0:00.00 /usr/sbin/ssh
root      9211  0.0  0.0  1384     4 ??  Is    11:15PM    0:00.02 smtpd: [priv]
_smtpd   17619  0.0  0.0  1436     4 ??  I     11:15PM    0:00.01 smtpd: contro
_smtpd   25681  0.0  0.0  1164     4 ??  I     11:15PM    0:00.03 smtpd: schedu
_smtpd   19326  0.0  0.0  1368     4 ??  I     11:15PM    0:00.03 smtpd: pony e
_smtpd   32520  0.0  0.0  1232     4 ??  I     11:15PM    0:00.04 smtpd: klondi
_smtpd    2987  0.0  0.0  1308     4 ??  I     11:15PM    0:00.02 smtpd: lookup
_smtpq   13491  0.0  0.0  1384     4 ??  I     11:15PM    0:00.01 smtpd: queue
_sndio    4822  0.0  0.0   528     4 ??  I<s   11:15PM    0:19.63 /usr/bin/sndi
root     11581  0.0  0.0   656   460 ??  Is    11:15PM    0:00.03 /usr/sbin/cro
root     14855  0.0  0.0   280     4 C0  Is+   11:15PM    0:00.01 /usr/libexec/
root     24959  0.0  0.1   656   684 C0  Ss    11:19PM    0:00.03 -ksh
root      1699  0.0  0.0   388   372 C0  R+    11:21PM    0:00.00 ps -aux
root     11287  0.0  0.0   276     4 C1  Is+   11:15PM    0:00.01 /usr/libexec/
root     28547  0.0  0.0   280     4 C2  Is+   11:15PM    0:00.01 /usr/libexec/
root     12101  0.0  0.0   284     4 C3  Is+   11:15PM    0:00.01 /usr/libexec/
root     27847  0.0  0.0   280     4 C5  Is+   11:15PM    0:00.01 /usr/libexec/

psは、現在どのようなプログラム(プロセス)が動いているかを表示するコマンドです。
システムが起動直後、しかも画面表示上動きのない様子であっても内部ではすでに沢山のプロセスが起動されていることがわかります。

ログアウトするにはシェルのプロンプト「#」が出ているときに <Control>-D を押すか、「exit」と入力します。

【メモ】
<Control>-Dは「<Control>キーを押したままの状態でアルファベットの「D」キーも押す」という意味です。<Control>-Dはまた、「^D」と表記されることもあります。

# exit

OpenBSD/i386 (fugu-demo.localnet) (ttyC0)

login: 

ログアウトすると「login:」が表示され、再度ログインできる状態になります。

Creating an account of a ordinary user

起動直後のFuguItaは、スーパユーザ(システム管理者)用のアカウントrootでのみログインできます。

Unix系のOSでは、通常は一般ユーザとしてログインし、日常の利用を行います。
システム管理の時には一般ユーザから一時的にスーパユーザになるか、あるいは一般ユーザからログアウトした後、スーパユーザとしてログインし直して管理作業を行います。

【ご注意】
!!スーパユーザでログイン中はシステムを動作不能にしてしまうような操作を容易に実行できてしまいます。勿論、故意にではない誤操作の場合も例外ではありません。このようなリスクを防ぐため、一般ユーザのアカウントを作成し、通常はそのアカウントで使用することを強くお勧めします。

以下、一般ユーザとしてyoshiというアカウントを作成してみます。
ユーザアカウントの作成もシステム管理ですので、rootで行います。

ユーザアカウントを追加するにはadduserというコマンドを使用します。
まず、ユーザアカウント追加時のデフォルト値を訊かれます。これはadduserの初回の実行時にだけ訊かれます。通常は全て<Enter>キーのみの入力で問題ありません。

# adduser
Couldn't find /etc/adduser.conf: creating a new adduser configuration file
Reading /etc/shells
Enter your default shell: bash csh ksh nologin nsh sh [ksh]:    ←<Enter>を入力
Your default shell is: ksh -> /bin/ksh
Default login class: authpf bgpd daemon default pbuild staff unbound
[default]:                                                      ←<Enter>を入力
Enter your default HOME partition: [/home]:                     ←<Enter>を入力
Copy dotfiles from: /etc/skel no [/etc/skel]:                   ←<Enter>を入力
Send welcome message?: /path/file default no [no]:              ←<Enter>を入力
Do not send message(s)
Prompt for passwords by default (y/n) [y]:                      ←<Enter>を入力
Default encryption method for passwords: auto blowfish [auto]:  ←<Enter>を入力
Use option ``-silent'' if you don't want to see all warnings and questions.

Reading /etc/shells
Check /etc/master.passwd
Check /etc/group

以降は、一般ユーザのアカウント「yoshi」を作成してみます。
最初に表示されているように、入力内容は最後に訂正でき(入力しなおせ)ます。

Ok, let's go.
Don't worry about mistakes. There will be a chance later to correct any input.
Enter username []: yoshi                        ←アカウント名(半角アルファベット半角数字)
Enter full name []: KAWAMATA Yoshihiro          ←ユーザの本名
Enter shell bash csh ksh nologin nsh sh [ksh]:  ←<Enter>を入力 (ログインシェル)
Uid [1000]:                                     ←<Enter>を入力 (ユーザID)
Login group yoshi [yoshi]:                      ←<Enter>を入力 (ログイングループ)
Login group is ``yoshi''. Invite yoshi into other groups: guest no
[no]: wheel                                     ←(ログイングループ以外に加入するグループ)
Login class authpf bgpd daemon default pbuild staff unbound
[default]:                                      ←<Enter>を入力 (ログインクラス)
Enter password []:                              ←パスワードを入力 (表示されません)
Enter password again []:                        ←確認のためのパスワード再入力

Name:        yoshi
Password:    ****
Fullname:    KAWAMATA Yoshihiro
Uid:         1000
Gid:         1000 (yoshi)
Groups:      yoshi wheel
Login Class: default
HOME:        /home/yoshi
Shell:       /bin/ksh
OK? (y/n) [y]: y                                ←入力内容の確認
Added user ``yoshi''
Copy files from /etc/skel to /home/yoshi
Add another user? (y/n) [y]: n                  ←他にもユーザアカウント作成するなら「y」
Goodbye!
# 

【メモ】
この例ではアカウントyoshiをwheelというグループにも加入させています。
wheelに加入しているユーザは、システム管理作業を行うために、一時的にrootになることができます。

以上で、yoshiという一般ユーザアカウントが作成されましたので、実際にログインできるか確認してみます。

# exit

OpenBSD/i386 (fugu-demo.localnet) (ttyC0)

login: yoshi
Password:
OpenBSD 5.8-stable (RDROOT) #2: Wed Nov 11 13:18:12 JST 2015

Welcome to OpenBSD: The proactively secure Unix-like operating system.

Please use the sendbug(1) utility to report bugs in the system.
Before reporting a bug, please try to reproduce it with the latest
version of the code.  With bug reports, please try to ensure that
enough information to reproduce the problem is enclosed, and if a
known fix for it exists, include that as well.

$ pwd
/ram/home/yoshi
$ ls
$ ls -a
.            .config      .fvwm2rc     .mailrc      .ssh         .xsession
..           .cshrc       .fvwmrc      .mew         .twmrc
.Xdefaults   .cvsrc       .icewm       .mplayer     .w3m
.Xresources  .emacs       .login       .profile     .xinitrc
$ ^D

OpenBSD/i386 (fugu-demo.localnet) (ttyC0)

login:

【メモ】
rootでログインしたときのシェルのプロンプトは「#」になりますが、一般ユーザの場合は「$」となります。
以降の例示箇所でもこの表記に従います。
OpenBSDではrootアカウントでのSSHによるログインは許可されていません。SSHによるリモートログインを行ないたい場合も一般ユーザのアカウントを作成しておく必要があります。

Shutting down FuguIta

FuguItaの運用を終了するにはrootでログインし、shutdownコマンドを実行します。

# shutdown -h -p now
Shutdown NOW!
shutdown: [pid 22103]
#
*** FINAL System shutdown message from root@fugu-demo.localnet ***
System going down IMMEDIATELY



System shutdown time has arrived

# syncing disks... done

上の例では、shutdownコマンドへの指定として -h オプションを指定しているので、システムは停止(halt)します。 また、-p オプションを指定しているので停止直後に電源が自動的にOFF (power off)になります(PCによっては -p オプションによる電源OFFに対応していない機種もあります。この場合は手動で本体の電源をOFFにします)。

-h オプションや -p オプションの替わりに -r オプションを指定すると、システムは再起動(reboot)します。

システムの停止や再起動を行うと、今回の起動後に行った設定や作成したユーザアカウント、また、ファイルやディレクトリの作成や編集、削除などの一切の結果は消えてなくなります。

【メモ】
これら各種の設定やデータを保存・復帰させることもできます。この方法は 保存した設定やファイルを起動時に読み込む で説明します。

FuguIta上で行った操作がシステムを停止すると消えてしまうということは、見方を変えると内蔵ハードディスクにインストールされている既存のシステムなどに影響を及ぼしにくいということでもあります。
つまり、rootでファイルの消去やプロセスの停止などを行ってもその影響は限定的なので、システム管理の練習などを安心して行うことができます。

Using X Window System

#ref(): File not found: "fugu-desktop.png" at page "FuguItaガイド"

OpenBSDはX Window Systemというグラフィック環境を含んだ形で出荷されており、FuguItaもこのX Window Systemを使用することができます。

【メモ】
X Window Systemは「X」や「X11」などと略して呼んでもよいことになっています。以下、X Window SystemをXと表記することにします。

Xを起動するには、シェルのプロンプトが出ている状態で startx と入力します。

$ startx

startxを実行してしばらくすると、ディスプレイの表示が右図のような画面に切り替わります。

FuguItaではXを起動すると、IceWMというウィンドウ・マネージャとROX-Filerというデスクトップ環境が立ち上がります。

上の起動画面では画面上部のアイコンが並んだパネルと壁紙部分はROX-Filerが管理しています;

各アイコンの機能は画像の表示の通りですが、以下簡単に説明します。

ROX Filer
ファイルマネージャを開きます。Homeはホームディレクトリ、Appsはアプリケーションのショートカットを置くためのディレクトリです。
kterm
漢字ターミナルエミュレータです。日本語EUC文字コードを表示する設定で立上ります。
Emacs
Emacsテキストエディタです。FuguItaのEmacsはX非対応でビルドされていますので、実際にはktermが立ち上り、その中でEmacsが動作しています。
Image Viewer: QIV
ROX Filerで表示されている画像ファイルをこのアイコンボタンにドロップすると、QIV (Quick Image Viewer)が起動し、画像が表示されます。
MPlayer
ROX Filerで表示されている音声ファイルや動画ファイルをこのアイコンボタンにドロップすると、MPlayerが起動し、音声や動画の再生が行われます。。
WWW: W3M
ウェブブラウザW3Mが立ち上り、FuguItaの公式サイトfuguita.orgを表示します。 fuguita.orgにアクセスできない場合は、ホームディレクトリの内容を表示します。
Mailer: Mew
Emacs上で動くメーラMewを起動します。Mewを使用するにはホームディレクトリ直下のファイル.mewの設定が必要です。詳しくはEmacsでInfoを使用してマニュアルを参照して下さい。
Lock Screen
これをクリックするとスクリーン全体をロックします。ロックを解除するには、ロック中の画面をクリックするか何かキーを押し、ログイン中のユーザのパスワードを入力すればロックは解除されます。
Input Method
入力メソッド(UIM)の制御や設定を行うためのツールバーを表示します。

個々のアプリケーションの詳細については、それぞれのマニュアル等を参照して下さい。

画面下部のバーはIceWMによって管理されています;

Application Menu
上のスクリーンショットは左下のIceWMボタンをクリックし、「Programs」からアプリケーションの一覧を表示した状態です。
Settingsメニューでは、ウィンドウのデザインやマウスの挙動を設定変更することができます。
Desktop/Workspace handlings
IceWMボタン横のボタンでは、ウィンドウ一覧の表示、デスクトップの表示、端末エミュレータの起動、ワークスペースの切替などを行うことができます。
Battery Status, CPU Load, New Mail and Clock
左下にはPCの状態を示す各種アイコンが表示されます。左から、バッテリーの残量、CPUの付加、メールが新着したかどうか、そして現在時刻が表示されています。

Xを終了するには、全てのアプリケーションを終了させた後、画面左下のIceWMボタンをクリックして logout を選択します。

Setting up Japanese Environment

Xでは、日本語の表示や入力を行うことができます。
日本語を使えるようにするには、ホームディレクトリ内にある .xinitrc ファイルを編集します。

【メモ】
.xinitrc のようなテキストファイルの編集には、テキストエディタを使用します。
OpenBSDではテキストエディタとして ed, ex, vi, mg などがあり、FuguItaでは更に GNU Emacs テキストエディタが追加インストールされています。

編集を行うのは .xinitrc の以下の部分です。

# #=======================================
# # If you wish to activate your locale settings
# #  1) Extract your locale files like this;
# #       # cd /usr/local/share
# #       # tar xvjpf locale.tar.bz2 'locale/fr/*'
# #    (In case of French locale for example)
# #  2) Uncomment and reconfigure following commands
# #
# LANG=ja_JP.UTF-8
# LC_ALL=$LANG
# XMODIFIERS='@im=uim'
# GTK_IM_MODULE='uim'
# QT_IM_MODULE='uim'
# export LANG LC_ALL XMODIFIERS GTK_IMMODULE QT_IMMODULE
# #
# uim-xim &
# #
# #=======================================

この各行の先頭にあるハッシュ記号と空白を削除し、以下のようにします。

#=======================================
# If you wish to activate your locale settings
#  1) Extract your locale files like this;
#       # cd /usr/local/share
#       # tar xvjpf locale.tar.bz2 'locale/fr/*'
#    (In case of French locale for example)
#  2) Uncomment and reconfigure following commands
#
LANG=ja_JP.UTF-8
LC_ALL=$LANG
XMODIFIERS='@im=uim'
GTK_IM_MODULE='uim'
QT_IM_MODULE='uim'
export LANG LC_ALL XMODIFIERS GTK_IMMODULE QT_IMMODULE
#
uim-xim &
#
#=======================================

【メモ】
.xinitrc 内のコメント文でも説明されているように、言語設定を有効にするためには /usr/local/share/locale 以下にあるロカールファイルのうち、目的とする言語のファイルを展開する必要があります(FuguItaではこれらのロカールファイルはLiveCDの空き容量節約のために圧縮されています)。
英語と日本語のロカールファイルについては、すでに展開済みですのでこの操作は必要ありません。

.xinitrc ファイルの編集を終えた後、Xを立ち上げなおすと日本語に対応した環境になっています。

【メモ】
ktermやEmacsなどは独自に多言語化を行っているのでこの節で説明した設定とは別に日本語設定を行う必要がありますが、FuguItaでは設定済みです。
kterm や Emacs の言語エンコーディングは EUC-JP に設定されています。その他大部分の日本語対応アプリケーションは UTF-8 対応となっています。
ROX-Filerなどメニューの表示等が英語のままでも、日本語に対応しているアプリケーションがあります。

OpenBSDの多言語化対応は比較的最近開始されました。FuguItaでも日本語の対応は限定的となっています。

Saving your setttings and files

FuguItaではユーザが作成したファイル、設定の変更、追加されたパッケージ、システムのログなど一切のファイルをLiveUSB版のFuguItaに作成されているデータ保存用パーティションに保存し、以降の起動時に呼び出すことができます。

データの保存にはrootでログインし、usbfadmコマンドを実行します。

【メモ】
usbfadmは(USB Frlash drive ADMinistration tool)の略です。

# usbfadm
 Welcome to USB flash maintenance tool.

     Boot mode: manual

Type ? for help.

?:? ->

まず、targetコマンドを使用して保存先のパーティションを指定します。

 ?:? -> target

Rescanning USB flash
 Please make sure the device inserted.
  Then press ENTER -->

USB flash memory found as sd0

次に、saveasコマンドを使用して保存するデータに名前を付けます。
名前を省略した場合、「OSのバージョン番号-ホスト名」が保存名として使用されます。

 /dev/sd0d:? -> saveas

Enter data set name [5.8-fugu-demo] -> 

Now data set name is set to ``5.8-fugu-demo''.

当初「?:?」だったプロンプトの文字列が変化していることにご注目下さい。 今ほどのtargetコマンドとsaveasで設定した値がプロンプト内に表示され、確認ができるようになっています。

最後にsyncコマンドを実行し、データを実際に保存します。

 /dev/sd0d:5.8-fugu-demo -> sync

Sync current mfs as 5.8-fugu-demo, OK? -> y

building file list ... done
created directory /mnt/livecd-config/5.8-fugu-demo
./
etc/
etc/bgpd.conf
etc/boot.conf
   :
   :
var/yp/Makefile.yp
var/yp/Makefile.yp.dist
var/yp/README

sent 16455591 bytes  received 232568 bytes  180412.53 bytes/sec
total size is 15492096  speedup is 0.93

infoコマンドで保存されたデータの情報を表示してみます。

/dev/sd0d : 5.8-fugu-demo -> info

Filesystem     Size    Used   Avail Capacity  Mounted on
 /dev/sd0d     218M   18.9M    179M   9.6%    /mnt

scanning...

18.9M   5.8-fugu-demo

データは問題なく保存されているようなのでusbfadmを終了します。

/dev/sd0d : 5.8-fugu-demo -> bye

#

【メモ】
厳密には、usbfadmコマンドで作成したパーティションでなくとも、OpenBSDのFFS形式でフォーマットされていて、/livecd-configというディレクトリが作成されているパーティションであれば使用できます。

Retrieving your settings and files at boot time

設定やファイルを保存する で説明した方法で保存されたデータは以降の起動時に読み込ませ、環境を復帰させることができます。
データを復帰させるには、ブートモード3「retrieve user data from USB flash memory」を選択します。

Select boot mode;
   0: clean boot
   1: clean boot (lower memory, faster boot)
   2: clean boot (everything on mfs)
   3: retrieve user data from USB flash memory
   4: retrieve user data from floppy disk
   5: interactive shell for debugging
-->3
USB flash memory found as sd0
available configs;

5.8-fugu-demo

your config name? -> 5.8-fugu-demo
Copying files from flash to mfs ... done

保存したデータ名を指定すると退避させていたデータを復帰し、起動が再開されます。
各種設定値もすべて復帰するため、最初に説明した起動モード0と違いネットワークの設定などは訊かれません。

ログイン後、さらにデータを保存することもできます。手順は 設定やファイルを保存する で説明した方法と同じですが、 すでにLiveUSB上にファイルが保存されているため、変更したファイルやディレクトリのみが対象となります。
そして、保存デバイス名と保存名はすでに設定済みなので、いきなりsyncコマンドを実行してもOKです。

シャットダウン時、データの退避は自動的には行われないので、その都度手動でusbfadmコマンドを実行する必要があります。 これを自動化したい場合は 終了時にデータが自動で保存されるようにする をご参照下さい。

Learning Unix

本ガイドの冒頭で説明したように、FuguItaはUnix系OSの一種である OpenBSD をベースにして作成されています。

Unixは約半世紀前の1969年に開発され、以降さまざまなコンピュータ向けの実装が作成されてきました。今ではUnix系のOSはスーパーコンピュータからスマートフォンや家電製品、あるいは小さな組込み機器までさまざまな環境で使用されるに至っています。

Unix系OSはMicrosoft WindowsなどのOSとは操作方法が大きくことなっており、最初はどのように使ってよいか見当がつかない方もいるかも知れません。

Unix系OSの基本的な部分はコンシューマユーザ向けに作られてはいません。OpenBSDも例外ではなく、予備知識を持たないユーザを想定した親切なユーザインターフェースなどは初期状態ではほとんど用意されていません。言い替えると「なんとなくあちこちいじっているうちに使い方がわかった」ということにはなりません。

そんなUnix系OSを理解し、活用するにはどのようなアプローチを取ればよいのでしょうか。

Books

Unix系OSに関する基本を解説している書籍を用意しましょう。
様々な実装が存在するUnix系OSですが、それらにはUnix哲学とも呼ばれる共通した考え方があります。この考え方を理解し、実践できるようになることがUnix系OSを習得する上でのキーになります。
書籍の内容としては特定の実装だけを対象とせず、基本的な概念から応用の入口までを網羅的・体系的に解説しているものがよいでしょう。

「これ一冊読めばすべてOK」というような書籍はなかなかないのですが、定評のあるものをいくつか挙げておきます;

  • はじめてUNIXで仕事をする人が読む本 / 木本雅彦 他 著 / KADOKAWA アスキーメディアワークス
  • 新 The Unix Super Text [上] / 山口和紀・古瀬一隆 著 / 技術評論社

以下のものは副読本として読むと、より理解が進むかもしれません;

  • Unixという考え方−その設計思想と哲学 / Mike Gancarz著 芳尾桂訳 / オーム社
  • Linuxを「読む」 / こじまみつひろ著 / 毎日コミュニケーションズ

Do it yourself
Using manual page

やはり自分で手を動かすことが、効果的なスキル習得の基本になります。
その際、やみくもにやってみるのではなく、オンラインマニュアル(manコマンド)を活用しましょう。オンラインマニュアルはそのシステムに即していますから書籍やネットが持つ弱点、記述が古くなっていたりとか、違う実装に基いて説明している、というようなことがありません。

【メモ】
Unixのマニュアルページは幾つかの章に別れています。
同じ名前の項目が複数の章にある場合があります。例えば「sleep」は、1章(一般コマンド)と3章(ライブラリ)の両方にあり、それぞれsleep(1)、sleep(3)の様に記述します。ですので、sleepコマンドのコマンドラインを知りたい場合は、

$ man 1 sleep

C言語でプログラミングをしていて、sleep関数の使い方を知りたい場合は、

$ man 3 sleep

として第3章にあるsleep関数の説明を表示します。

ですので、これ以降「ls(1)」のような表記が出てきますが、これは「"man 1 ls"を実行してオンラインマニュアルの1章にある"ls"の項を参照して下さい」という意味になります。

オンラインマニュアルとは別に、Unixのコマンドの多くは自分自身の使用説明を表示する機能を持っています;

$ man
usage: man [-acfhklw] [-C file] [-I os=name] [-K encoding] [-M path] [-m path]
           [-O option=value] [-S subsection] [-s section] [-T output] [-W level]
           [section] name ...
$ cp -?
cp: unknown option -- ?
usage: cp [-fip] [-R [-H | -L | -P]] source target
       cp [-fip] [-R [-H | -L | -P]] source ... directory

上の例ではmanコマンドとcpコマンドのヘルプメッセージを表示させています。
このようにコマンドのヘルプメッセージは非常に簡素な説明なので、忘れてしまったコマンドラインオプションを思い出すため、といったような備忘録的な役割で使用されます。

Network as "Reference Information"

インターネットを活用するとUnix系OSに関連する情報も、簡単に得ることができます。
しかし、前項で説明したような弱点もあります。特に検索エンジンでの検索結果については目の前の実機にもあてはまるかどうかは自分で判断する必要があります。検索サイトの結果は「参考情報」として活用するのがよいでしょう。
さらに、現在では多くのUnix系OSが開発コミュニティなどによる「公式サイト」を持っています。公式サイトの情報は一次情報として活用できます。

Conclusion

以上述べたことを例えば「ファイルの属性」というトピックにあてはめて考えると、次のようになるでしょう;

  • 書籍で基礎事項を押さえる
    →ファイルのオーナ・グループ・パーミッションとは何か、どのようなコマンドで操作するかを調べる。
  • オンラインマニュアル等で確認しながら実際に操作
    →実際にchown, chgrp, chmodコマンドなどを実行し、結果を確認してみる。どのようなコマンドラインオプションがあるかなどをmanコマンドで調べる。
  • ネットで関連情報・参考情報をゲット
    →ネットの検索などで注意点、はまりやすい点、色々な応用法などを調べてみる。
    →公式サイトで関連情報を調べる ... 仕様の変更やセキュリティホール情報がないか、など。

FuguItaは以上で述べたようなUnix系OSの習得にも向いています。つまり、インストール作業不要というライブシステムの特徴を活かし、ユーザが気軽に色々と試せる環境、失敗しても容易にやりなおせる環境を提供しています。

Learing OpenBSD

前節の Unix の使い方を調べる ではUnix系OSの使用経験のあまりない人がUnix系OSの使い方を習得するためのヒントについて説明しましたが、この節では他のUnix系OSの使用経験のある人がOpenBSDを使う場合の情報源について述べます。

Introduction

rootでログインすると、OpenBSDプロジェクト開発リーダーTheo de Raadt氏からのメールが届いています。

# mail
Mail version 8.1.2 01/15/2001.  Type ? for help.
"/var/mail/root": 1 message 1 new
>N  1 deraadt@do-not-re  Sun Oct 18 07:58   86/4565  Welcome to OpenBSD 5.8!
& more 1
Message 1:
From deraadt@do-not-reply.openbsd.org Sun Oct 18 07:58:58 MST 2015
Date: Oct 18 07:58:58 MST 2015
From: deraadt@do-not-reply.openbsd.org (Theo de Raadt)
To: root
Subject: Welcome to OpenBSD 5.8!

This message attempts to describe the most basic initial questions that a
system administrator of an OpenBSD box might have.  You are urged to save
this message for later reference.
....(以下略)....

このメールでは、OpenBSDをインストールした人が最初に持つと思われる疑問について説明しています。メール本文に書いてある情報源をたどってゆくことで、OpenBSDを使用する上での様々なノウハウを得ることができます。

以下このメールの内容と重複する部分もありますが、システム上の各種情報源について触れていきます。

On-line documentation

Unixの使い方を調べるで述べたようにマニュアルページはUnix系OSの重要な情報源ですが、OpenBSDにおいても例外ではありません。
そのことはインストール直後のroot宛てメールにおいても、以下のように強調されています;

Again, PLEASE READ THE MANUAL PAGES.  Our developers have spent countless
hours improving them so that they are clear and precise.

マニュアルページには、特に導入のためのエントリも幾つか用意されています。

help
Unix初心者向けのエントリです。コマンドラインでhelpコマンドを実行した場合もこのエントリが表示されます。
man
manコマンドの説明です。OpenBSDではmandocというプログラムによってマニュアルページのシステムが再実装されていますが、manコマンドの使い方は他のUnix系OSとほぼ同じです。
afterboot
インストール直後にチェックを行ったほうがよい項目について解説しています。この文書の FuguItaを使う【一般編】 より詳しく網羅的な内容ですので、ご一読をお勧めします。
intro
マニュアルページはカテゴリごとに章に別れていますが、その各章に関する説明です。例えば、
man 1 intro
とすると、一般コマンドカテゴリについての説明が、
man 5 intro
では、ファイル形式のカテゴリ全般についての説明が表示されます。

OpenBSDでは、マニュアルページの章立ては以下のようになっています;

1一般コマンド
2システムコールとエラー番号
3ライブラリ
3fFortran言語のリファレンスガイド
3pPerl言語のリファレンスガイド
4デバイスドライバ
5ファイル形式
6ゲーム
7その他
8システム保守・運用のためのコマンド
9カーネル内部情報
X11X11R6と同じ
X11R6X Window System
local/usr/local配下にインストールされたコマンド
nTcl/Tk言語のコマンド

各セクションのマニュアルの内容は現状のシステムに追従し続けており、常にアップデートと推敲が行われています。
また他のUnix系OSでは4章(デバイスドライバ)などの章で、ほとんど情報が提供されていない実装系もありますが、OpenBSDではこのような情報も完備されており、例えば無線LANの設定のように使用するハードウェアに依存した設定情報が必要な場合も十分な情報を得ることができます。

#ref(): File not found: "emacsinfo.png" at page "FuguItaガイド"

GNUプロジェクト由来のコマンドやEmacs上で動作するアプリケーションに関しては、Info形式のドキュメントが提供されている場合があります。
InfoドキュメントはEmacsエディタ上で、<Meta>-x info<Enter>、あるいは<Escape> x info<Enter>と入力することで閲覧できます。

【メモ】
シェルのコマンドラインから実行・閲覧が可能なinfoコマンドもあります。infoコマンドによる表示では日本語のInfoドキュメントがうまく表示されませんのでご注意下さい。

マニュアルページやInfo以外にもアプリケーション固有のドキュメントがあります。 それらは主に次に挙げるディレクトリの下にあります;

  • /usr/share/doc
  • /usr/X11R6/share/doc
  • /usr/local/share/doc
  • /usr/local/share/gtk-doc

Log files on the system

サーバやアプリケーションソフトなどの設定ファイルはすべて/etc以下に集約されています。
パッケージ管理ツールports/packagesで追加されたソフトウェアは、/usr/local以下にインストールされますが、設定ファイルに関しては/etc以下に配置されます。X関連の設定ファイルについても同様です。

システムの動作ログは、/var/log以下にあります。唯一、cronのみが/var/cron/logというログファイルを作成します。

FuguItaを起動する で説明した起動時に表示されるカーネルメッセージは、/var/run/dmesg.boot というファイルに記録されています。システム起動完了後はこのファイルの内容を閲覧することで、システム起動時の様子を調査することができます。

Information on the Internet

http://www.openbsd.org/
プロジェクトによって運営されている公式サイト。OpenBSD全般に関する詳細なガイドシステムの更新情報など、ウェブ上のOpenBSD関連情報の起点です。
http://undeadly.org/ 「OpenBSD Journal」
OpenBSD関連のニュースサイト。その都度OpenBSDの旬の話題が取り上げられ、OpenBSD開発の最前線の様子なども知ることができます。以前、FuguItaの紹介記事も投稿されました。
メーリングリスト
公式に管理・運営されているメーリングリストがあります。また、これらのアーカイブサイトもあり、メーリングリストに加入しなくてもウェブ上での閲覧が可能です。

Books

作者の知る限り、OpenBSDユーザ向けに書かれた日本語の書籍は2015年現在出版されておりません。
BSD系のUnix向けの書籍の中には、

  • BSD HACKS 〜 プロが使うテクニック&ツール100選 / Dru Lavigne著,桃井康成監修,林秀幸訳 / オライリー・ジャパン

など、部分的にOpenBSDについて言及されている書籍もあります。

英語の書籍に関しては公式サイトの記述をご参照下さい。
Absolute OpenBSD, 2nd EditionThe book of PF, 3rd Editionなど、OpenBSD向けの書籍がいくつか出版されているようです。

Using FuguIta (for advanced user)

FuguItaを使う【一般編】 ではFuguItaの基本的な使用手順について説明しました。
この章ではFuguItaの特徴を活かした、さらに進んだ利用法について紹介します。

【メモ】
この章では以下のように、FuguItaを使う【一般編】 で設定した環境を引続き使用する前提で説明を行います;

  • ホスト名としてfugu-demo.localnetを想定
  • インターネットにアクセスできる状態になっている
  • 一般ユーザyoshiが作成されている。yoshiはwheelグループにも属しているため、rootになることができる。

Adding application software

FuguItaはOpenBSDで提供されているソフトウェアに、その他日常よく使うであろうと思われるアプリケーションやシステム管理などに便利やツール類を追加しています。

更に、システム起動後にもユーザがアプリケーションを追加することができます。

アプリケーションを追加するにはOpenBSDのports/packagesシステムを利用する方法が手軽です。
packagesのソフトウェアを追加するには、pkg_addというコマンドをrootで実行します。例として、ウェブブラウザであるMozilla Firefoxをインストールする例を以下に示します(例の中にある「5.8」の部分は、実際に使用しているFuguItaのバージョンで置き換えて下さい)。

$ su -
Password:
# export PKG_PATH=ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/OpenBSD/5.8/packages/i386/
# pkg_add firefox
quirks-2.114 signed on 2015-08-09T15:30:39Z
quirks-2.114: ok
firefox-39.0.3:nspr-4.10.8: ok
firefox-39.0.3:nss-3.19.2: ok
firefox-39.0.3:icu4c-55.1p0: ok
firefox-39.0.3:mozilla-dicts-en-GB-1.3p0: ok
firefox-39.0.3:hunspell-1.3.2p2: ok
firefox-39.0.3: ok
Look in /usr/local/share/doc/pkg-readmes for extra documentation.
--- +hunspell-1.3.2p2 -------------------
Install mozilla dictionaries for extra hunspell languages.
e.g.
    # pkg_add mozilla-dicts-ca
# exit
$ firefox http://fuguita.org/

pkg_addによるアプリケーションの追加はrootで作業しなければなりません。
上の例では、suコマンドを使用して一時的にrootになっています。勿論、yoshiをログアウトしてrootでログインしなおし、そこでpkg_addを実行しても構いません。

pkg_addを実行すると目的のアプリケーションを実行するために必要な他のソフトウェアも同時に追加されます。上のfirefoxの例では、nspr, nss, icu4c, mozilla-dicts-en-GB, hunspellがそれです。

インストール完了時に、2種類のコメントが表示されています;

  • ディレクトリ/usr/local/share/doc/pkg-readmes以下にインストールしたソフトウェアに関するドキュメントがあります。
  • スペルチェック用の辞書は
    # pkg_add mozilla-dicts-ca
    といった方法で追加できます。

以上の例のような方法で、アプリケーションを追加することができます。
ports/packagesからどのようなソフトウェアがpkg_addできるかはウェブブラウザでftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/OpenBSD/5.8/packages/i386/をご覧下さい。またはftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/OpenBSD/5.8/ports.tar.gz というアーカイブに含まれるINDEXというファイルにソフトウェアの説明つきの一覧があります。

【メモ】
ports/packagesシステムについてはhttp://www.openbsd.org/faq/faq15.htmlに詳しい説明があります。また、上の例ではダウンロード元としてftp.jaist.ac.jpを使用しましたがダウンロードサイトは他にもあり、その一覧はhttp://www.openbsd.org/ftp.htmlで見ることができます。
ports/packagesを利用せずソフトウェア開発元が公開しているソースコードを直接コンパイル・インストールする所謂「野良ビルド」も可能です。

FuguItaではpkg_addで追加したソフトウェアもまた、usbfadmコマンドによるデータ保存/復帰の対象となります。

Using doas command

前節の アプリケーションを追加する では、suコマンドを使用して一般ユーザから一時的にrootになってシステム管理作業を行う方法を紹介しましたが、他にdoasというコマンドも使用できます。
doasは設定ファイルで動作を制御できる点、rootのパスワードを知らなくてもroot権限でのコマンド実行ができる点などでsuコマンドより使い勝手がよくなっています。

doasを使うには、まず設定ファイル/etc/doas.confを編集する必要があります。
最初はdoas.confは存在していませんので以下のコマンドを実行し、ファイルを作成します(doas.confがすでに存在している場合は、テキストエディタでdoas.confを編集します)。

# echo permit :wheel > /etc/doas.conf
# chmod 0640 /etc/doas.conf

この操作で、「permit :wheel」という内容1行だけが書かれたファイル doas.conf が作成されます。これは「wheelグループに所属しているユーザに対してroot権限でのコマンド実行を許可するように」という意味の設定です。この設定を用いて、一般ユーザでログイン中にusbfadmユティリティを用いて例えば次の例のように、設定やファイルを保存する ことが可能となります。

$ doas /usr/fuguita/sbin/usbfadm
Password:
Welcome to USB flash maintenance tool.

     Boot mode: usbflash
Data stored in: /dev/sd0d
 Data Saved as: 5.8-fugu-demo
     
Type ? for help.

/dev/sd0d : 5.8-fugu-demo ->

先に説明したようにdoas.confの設定を行うと、doas実行時にパスワードを訊かれますが、これにはrootのパスワードではなく、doasを実行したユーザのパスワードを入力します。
パスワードを入力しないでdoasを実行することもできます。詳しくはdoas.conf(5)を参照して下さい。

【メモ】
doasはUnix系のOSで一般的に使われているsudoと置き換えるためにOpenBSD開発陣が再実装したコマンドです。sudoはOpenBSD 5.8以降はOS本体には含まれていませんが、portsからインストールして使うことが可能です。

Changing the timezone

モード0で起動した直後のFuguItaは、時間帯(time zone: タイムゾーン)がUTC (Universal Coordinated Time: 協定世界時)になっています。
協定世界時に比べ日本標準時(Japan Standard Time: JST)は9時間進んでいます。

$ date
Wed Dec 23 02:27:58 UTC 2015

FuguItaの時間帯をJSTにするには以下のようにコマンドを投入し、シンボリックリンク/etc/localtimeの指し示すファイルを変更します。

$ cd /etc
$ ls -l localtime
lrwxr-xr-x  1 root  wheel  23 Dec 23 02:27 localtime -> /usr/share/zoneinfo/UTC
$ doas ln -s -f /usr/share/zoneinfo/Japan localtime
Password:
$ ls -l localtime
lrwxr-xr-x  1 root  wheel  25 Dec 23 11:28 localtime -> /usr/share/zoneinfo/Japan
$ date
Wed Dec 23 11:28:53 JST 2015
$

【メモ】
設定後のJSTが実時刻とずれている場合はdate(1)を使い、root権限で修正します。

Reconfiguring ntpd

NTP (Network Time Protocol)はコンピュータがネットワーク上で通信を行いながら、それぞれの時刻を同期させるためのプロトコル(通信規約)です。
OpenBSDはNTPを用いてインターネット上の時刻基準に自身の時刻を同期させる機能をもっており、この機能はFuguItaでも使用することができます。

OpenBSDはインストール時にNTPを使用するかどうかの設定を行います。一方、FuguItaではこの機能はデフォルトで有効になっています。

NTPの機能はntpd(8)というプログラムによって実装されており、ntpdの動作状況を見るにはntpctl(1)というコマンドを実行します。

【メモ】
OpenBSDで使われているNTPのソフトウェアは「OpenNTPD」と呼ばれ、OpenBSDの開発陣によって作成されたものです。
LinuxやFreeBSDでは同じntpdでも、別の実装を用いています。

$ ntpctl -s status
4/4 peers valid, constraint offset 0s, clock synced, stratum 3

上記の例のように「clock synced」と表示されていれば、ntpdは時刻の基準となる外部のNTPサーバと通信し、その結果時刻の同期が取れていることがわかります。一方、

$ ntpctl -s status
0/1 peers valid, clock unsynced

のように「clock unsynced」となっている場合は、何らかの原因で時刻が同期できていません。

OpenBSDではインストール時にNTP機能を有効にすると、時刻基準としてpool.ntp.orgというサーバ群を参照するようになり、FuguItaの設定もそれに倣っています。

企業の社内LANなどではセキュリティの関係から、pool.ntp.orgなど外部のNTPサーバとの通信ができないようになっている場合があります。そのような場合、社内LAN上にNTPサーバが運用されていれば、そのサーバを参照することで自ホストの時刻を正確に保つことができます。

以下にNTPサーバの設定方法を示します;

ntpdはntpd.conf(5)というファイルにより動作が設定されますので、root権限でntpd.confを編集します。

$ doas -s
Password:
# vi /etc/ntpd.conf
 ntpd.conf内のこの3行を
  ↓
servers pool.ntp.org
sensor *
constraints from "https://www.google.com"
  ↓
 以下の一行に変更
  ↓
server ntp.localnet

上の例では、「ntp.localnet」というNTPサーバを参照するように設定を変更しています。

設定ファイルの編集が終了したらntpdを再起動し、変更内容を反映させます。
バックグラウンドで走行しサービスを提供するntpdのようなプログラムをUnixではデーモン(daemon)と呼びますが、OpenBSDではデーモンの操作にrcctl(8)というコマンドを使用することができます。

# rcctl restart ntpd
ntpd(ok)
ntpd(ok)
# 

以上で設定変更作業は完了したので、rootから一般ユーザに戻ります。あとはntpdの挙動をntpctlで監視します。

# exit
$ ntpctl -s status
1/1 peers valid, clock unsynced

上記のようになっていれば(まだ)同期はとれていませんが、1つのピア(peer, 参照しているNTPサーバ)が有効となっていることがわかります。

$ ntpctl -s status
1/1 peers valid, clock synced, stratum 3

しばらく時間が経過すると、時刻同期が取れていることが確認できました。

ntpctlは更に詳しくntpdの状態を表示することもできます。またntpd自身が動作記録を/var/log/daemonや/var/log/messagesなどのログファイルに残しますので、それらを調べることでより詳細なntpdの動作把握ができます。
詳しくは各コマンドや設定ファイルのマニュアルページを参照して下さい。

【メモ】
ntpdは時刻のずれを非常にゆっくりと修正していきます。これはいきなり時刻を大きく変更するとシステムの運行に悪影響を及ぼす可能性があるからです。そのため、時刻のずれが大きい場合は同期が取れるまでに長い時間がかかる場合もあります。

Reconfiguring various settings

前節ではNTPサーバの設定変更方法について説明しました。

この節ではOpenBSDで動作しているサービスの設定について説明致します。

全ての設定方法について具体的な説明を行うことは現実的ではないので、設定をカテゴリ毎に分け、それらカテゴリのそれぞれについて説明します。

Kernel Parameters

OpenBSDカーネルの機能は色々な方法で制御できますがその一つとして、sysctl(8)コマンドを使う方法があります。

$ sysctl -a | less
kern.ostype=OpenBSD
kern.osrelease=5.8
kern.osrevision=201510
kern.version=OpenBSD 5.8-stable (RDROOT.MP) #2: Wed Nov 11 13:18:48 JST 2015
    root@nimbus5.localnet:/opt/fi/5.8/sys/arch/i386/compile/RDROOT.MP

kern.maxvnodes=44152
kern.maxproc=1310
  〜以下略〜

上の例では全てのカーネルパラメータを表示しています。
表示内容が一画面に収まらないため、表示データをページャプログラムlessにパイプで渡して表示しています。

表示したいパラメータがあらかじめわかっている場合は、その名前を指定して表示できます。
以下の例ではファイルの入出力のバッファリングに割り当てるメモリの最大量を表示しています。

$ sysctl kern.bufcachepercent
kern.bufcachepercent=20
$

この表示から、最大でメモリ搭載量の20%までをバッファに割り当てる設定になっていることがわかります。

この値を変更するには以下のようにします。設定の変更はroot権限が必要なので、doasコマンドを経由してsysctlコマンドを実行しています。

$ doas sysctl kern.bufcachepercent=50
Password:
kern.bufcachepercent: 20 -> 50
$

sysctlコマンドの手動実行ではなく、システム起動時に自動的に設定を行うこともできます。 それには、設定したい内容をsysctl.conf(5)というファイルに記述します。

【メモ】
カーネルの設定を変更するにはその他にも

  • configコマンドによるカーネルの書き換え
  • UKC (User Kernel Config)による起動時での変更
  • カーネルの再コンパイル

    などの方法がありますが、それぞれ設定できる内容や作業の難易度が異なります。詳しくは各マニュアルページや公式サイトのFAQなどをご参照下さい。

Basic Settings for Networking

これまでも説明したようにネットワーク関連の設定はFuguItaの起動時に行われるので、これで問題なく通信が行われれば特に設定を変更する必要はありません。
FuguItaをサーバやネットワークのゲートウェイなどとして運用する場合は、設定を変更したり追加したりする必要が出て来るかもしれません。

インターフェース設定
IPアドレス、ネットマスクなどのネットワークインターフェースに関する設定は/etc/hostname.<インターフェース名>というファイルで設定します。このファイルの書式はhostname.if(5)で参照できます。

【メモ】
使用しているPCにどのようなネットワークインターフェースがあるかはコマンドの実行「ifconfig -a」で表示されます。

経路制御
デフォルトルートは/etc/mygateに記述します。それ以外の経路制御を行うには、経路制御デーモンを走行させるか、routeコマンドの実行を/etc/hostname.ifか/etc/localあたりに記述します。
名前解決
/etc/resolv.conf(5)により設定を行います。
パケットフィルタリング
PFはOpenBSDで開発されたパケット・フィルタですが、ネットワークの帯域制御やアドレス変換など、フィルタリング以外にも非常に豊富な機能を持っています。PFに関してはpfctl(8)やpf.conf(5)を参照して下さい。

Enabling/Disabling daemons

OpenBSDではデフォルトでは動作しないものも含めて、様々なデーモンがインストールされています。 時刻を参照するNTPサーバを変更する ではNTPデーモンを例として、デーモンの起動・停止・設定変更について説明しました。その他のデーモンについても概ね同様な手順を取ります。

OpenBSDでは、このようなデーモンの起動はrc.conf.local(8)が制御を行っており、このファイルにデーモンの起動・停止の指定や起動時にデーモンに与えるオプションなどの指定を行います。

【メモ】
実際にはrc.conf(8)で全てのデーモンについての指定がされており、rc.conf.localはrc.confの設定を上書きするように動作します。

各種デーモンの挙動を制御するには rc.conf.local の内容を変更するので、テキスト・エディタで編集を行うわけですが、その他にrcctl(8)というコマンドを使用してデーモンの起動・停止の制御や設定変更を行うことができます。

ntpdがntpd.confによって設定されるように、他のデーモンもそれぞれ固有の設定ファイルを持ちますが、その多くは /etc 直下に置かれます。 また、/etc/examples に各種デーモンの設定用サンプルファイルが置かれていますので、このファイルを参照、あるいはコピー・編集して実際の設定ファイルとすることができます。

Other settings

/etc/rc.localはシステム起動の最終段階で実行されるシェルスクリプトです。今まで説明した以外の処理を行いたい場合は、この/etc/rc.localに処理を記述します。

OpenBSDの起動時や終了時の処理についてはrc(8)を参照して下さい。

Running with less resource requirements

FuguItaの起動時にモード1を指定すると、それ以降の起動時間が短縮されます。
これ以降に入力する各種設定項目については、モード0と同じです。

Select boot mode;
  0: fresh boot (normal)
  1: fresh boot (lower memory, faster boot than mode 0)
  2: fresh boot (works only on tmpfs)
  3: retrieve user data from USB flash memory
  4: retrieve user data from floppy disk
  5: interactive shell for debugging
->1

起動後のメモリ使用量(tmpfsのサイズ)もモード0に比べ少なくなります。
目安としては実装メモリ64MB程度のマシンからが動作可能となります;

ファイル使用量(モード0)
$ df -h
Filesystem     Size    Used   Avail Capacity  Mounted on
/dev/rd0a      1.6M    729K    833K    47%    /
/dev/cd0a      697M    697M      0B   100%    /sysmedia
/dev/vnd5a     676M    664M   11.9M    98%    /fuguita
tmpfs          698M   25.5M    673M     4%    /ram
ファイル使用量(モード1)
$ df -h
Filesystem     Size    Used   Avail Capacity  Mounted on
/dev/rd0a      1.6M    730K    832K    47%    /
/dev/cd0a      697M    697M      0B   100%    /sysmedia
/dev/vnd5a     676M    664M   11.9M    98%    /fuguita
tmpfs          713M    6.8M    706M     1%    /ram

ただし、起動モード1は標準の起動モードであるモード0に比べ必要なリソースが少ないというメリットがありますが、/usr以下のファイルやディレクトリを変更することができなくなるというデメリットがあります。つまり、pkg_addなどによるアプリケーションの追加などもできません。

起動モード1はFuguItaに収録されているソフトウェアのみで運用が可能な場合に使用できます。

モード1で起動しusbfadmでファイル保存後、モード3で再起動した場合も上記の状況は引き継がれます。

Running without any disk storage

起動モード2はファイルを全てtmpfs上に転送し、全てがオンメモリで動作するモードです。

Select boot mode;
  0: fresh boot (normal)
  1: fresh boot (lower memory, faster boot than mode 0)
  2: fresh boot (works only on tmpfs)
  3: retrieve user data from USB flash memory
  4: retrieve user data from floppy disk
  5: interactive shell for debugging
->2

モード2ではシステムの起動が完了すると、CDやUSBメモリはアンマウントされますので、それらのデバイスを取り外して運用することができます。プログラムの実行やファイルの読み書きも全てメモリ上で行われますので、モード0やモード1に比べて高速に動作することが期待できます。

$ df -h
Filesystem     Size    Used   Avail Capacity  Mounted on
/dev/rd0a      1.6M    730K    832K    47%    /
tmpfs          813M    736M   76.7M    91%    /ram

ただし、冒頭で説明したように、このモード2ではCDやUSBメモリ上にあるシステムファイルが全てtmpfsにコピーされますので、PCの実装メモリ量は、目安として概ね800MB以上は必要です。

モード2においてもusbfadmでファイル保存後、モード3で再起動した場合にはファイル保存時の状態が復帰します。

Changing a file below /usr

FuguItaではLiveCD版・LiveUSB版のいずれもシステムが格納されているパーティションは、通常書込み不可でマウントされます。

したがってファイルそのものを書き換えることはできませんが、シンボリックリンクの置き換えを行うことによってそれらのファイルの内容を変更することは可能です。

まず最初に、FuguItaのファイルシステムの構成について簡単に説明します。

#ref(): File not found: "fuguita-mnt.png" at page "FuguItaガイド"

右の図は起動モード0で運用中のFuguItaのファイルシステムの様子を示しています。

  • ルートファイルシステムはrdといい、カーネルに内蔵されているファイルシステムで、カーネル起動当初から存在しています。
  • CD-ROM内にあるファイルシステムは /fuguita にマウントされています。このファイルシステム内にはFuguItaのファイルツリー全体が格納されています。LiveUSBの場合も、USBメモリ内のファイルシステムが書込み不可でCDの場合と同様にマウントされます。
  • tmpfsは /ram にマウントされます。ここに作成されるファイルは変更を加えることができます。
  • /bin は /fuguita/bin へのシンボリックリンクとなります。従って /bin 以下のファイルは書き換えることができません。/sbin についても同様です。
  • /etc は /ram/etc へのシンボリックリンクとなります。/ram/etc 以下にはCD-ROMの /etc からファイルがコピーされているので、これらのファイルは通常ファイルであり、変更を加えることができます。/home, /root, /tmp, /var についても同様です。
    図では、/home/yoshi/myfile や /var/log/messages がその一例として図示されています。

/usr も /etc などと同様、/ram/usr へのシンボリックリンクとなっていますが、/usr 以下のファイルは通常、書き換えられることはほとんどありません。これらのファイルはtmpfsの容量を節約するためにそのほとんどが /fuguita/usr 以下の該当するファイルへのシンボリックリンクになっています。
図では、 /usr/bin/vi がその例となります。

FuguItaのファイルシステムは以上説明したような構造になっているため通常の運用、つまり /etc 以下の設定ファイルを編集したりとか、ホームディレクトリ上にファイルを作成する、といったような場合はこのような構造を意識する必要はありません。

但し、/usr 以下のファイルでシンボリックリンクとなっているものを変更する場合はこれらの状況を踏まえて操作をする必要があります。

そのような例として、動画プレーヤであるMPlayerの設定を変更するケースを以下に説明します;

#ref(): File not found: "eldr.png" at page "FuguItaガイド"

FuguItaではROXファイルマネージャ中の動画ファイルアイコンをクリックするか、もしくはアイコンを画面上部のパネルにあるMPlayerアイコンボタンにドロップすることで、動画が再生されます。

最近は動画サイトにアップロードされている動画ファイルも解像度が高くなり、古いPCでは動画のデコードが追いつかず映像と音声のタイミングがずれてゆく場合もあります。
この節ではmplayerの動作を変えることで、この問題を解消、あるいは緩和できるかどうか検討してみることにします。

MPlayerのマニュアルページを見てゆくと、-framedrop というオプションがあります。これは動画の再生速度が音声に追い付かない場合、フレームをスキップするオプションです。他には -nodouble や -cache, -cache-min なども役に立ちそうです。
ファイルマネージャからの再生時にこれらのオプションが付加されるようにしてみましょう。

ファイルマネージャから動画を再生する時、実際には /usr/fuguita/bin/mplayer-wrapper.sh というシェルラッパーが呼び出されています。

$ cd /usr/fuguita/bin
$ ls -l mplayer-wrapper.sh
lrwxr-xr-x  1 root  wheel  43 Oct 25 19:12 mplayer-wrapper.sh -> /fuguita/usr/f
uguita/bin/mplayer-wrapper.sh
$ cat mplayer-wrapper.sh
#!/bin/sh
exec kterm -iconic -name mplayerconsole -title 'mplayer console' -e /usr/local/bin/mplayer "$@"
$

この節の冒頭で説明したとおり、mplayer-wrapper.sh は書込み不可ファイルへのシンボリックリンクとなっており、そのままでは編集できません。そこで、このシンボリックリンクの内容をコピーしたファイルを作り、そのファイルに対して編集を行います。

$ doas -s
Password:
# mv mplayer-wrapper.sh mplayer-wrapper.sh.bak  ←シンボリックリンクは名前を変えて残す
# cp mplayer-wrapper.sh.bak mplayer-wrapper.sh  ←それをコピーするとコピー先は通常ファイルになる
# ls -l mplayer-wrapper.sh*
-rwxr-xr-x  1 root  wheel  106 Dec 26 18:45 mplayer-wrapper.sh
lrwxr-xr-x  1 root  wheel   43 Oct 25 19:12 mplayer-wrapper.sh.bak -> /fuguita/u
sr/fuguita/bin/mplayer-wrapper.sh
# vi mplayer-wrapper.sh
# exit

編集したmplayer-wrapper.shの内容は以下のようになります。mplayerの後にマニュアルで調べたコマンドラインオプションを付け加えています。

$ cat mplayer-wrapper.sh
#!/bin/sh
exec kterm -iconic -name mplayerconsole -title 'mplayer console' -e /usr/local/b
in/mplayer -framedrop -nodouble
-cache 8192 -cache-min 0 "$@"
$

usbfadmコマンドを実行し、この変更を保存すれば将来にわたってこの設定が有効になります。

【メモ】
モード1で起動した場合は、起動時間を短縮する。使用メモリを少なくするで説明したように /usr 以下のファイルを編集することはできません。これは /ram/usr が /fuguita/usr へのシンボリックリンクとなり、/bin や /sbin と同じ状況になるためです。
モード2で起動した場合は /usr 以下のファイルも通常のファイルとなるため、このようなテクニックは使用せずに普通に編集することが可能です。

Making LiveUSB fitting your USB flash drive

FuguItaのLiveUSBを作る で説明したように、ダウンロードサイトからイメージファイルをダウンロードし、展開、書込みを行うことでLiveUSB版FuguItaを作成することができます。

しかし、このLiveUSB版FuguItaはUSBメモリのサイズに関係なく1GBしか領域を使用できません。
この内、FuguItaのシステムが700MBを占有していますので、usbfadmでデータを保存できるのは300メガバイト程度です。

この節ではすでに稼動中のFuguIta上で、新たに別のUSBメモリにFuguItaをインストールする方法を説明します。
この方法を用いるとデータの保存領域を任意のサイズで割り当てることができます(以下の例では、4GB(=4096MB)のサイズのUSBメモリにインストールする場合を想定しています)。

まず、FuguItaをモード0、またはモード1で起動します。起動するFuguItaはLiveCD版、LiveUSB版のどちらでも使用できます。

起動が完了したら、rootでログインしusbfadmコマンドを実行します。

$ doas /usr/fuguita/sbin/usbfadm
Password:
Welcome to USB flash maintenance tool.
USB flash drive maintenance tool for FuguIta

     Boot mode: manual

Type ? for help.

? : ? --> newdrive                       ← newdriveでLiveUSB作成を指示

Please make sure the device inserted.
Then press ENTER -->                     ← USBメモリの装着を確認したら<Enter>。
                                   デバイス名確認のため /var/log/messages の内容が表示される
                                   ↓
==== FYI: sd[0-9] on syslog ================================
     1  sd0 at scsibus1 targ 1 lun 0: <TOSHIBA, TransMemory, PMAP>
     2  sd0: 961MB, 512 bytes/sec, 1968128 sec total
     3  sd1 at scsibus2 targ 1 lun 0: <Generic, USB CF Reader, 0.00>
     4  sd1: drive offline
     5  sd2 at scsibus2 targ 1 lun 1: <Generic, USB SD Reader, 0.00>
     6  sd2: drive offline
     7  sd3 at scsibus2 targ 1 lun 2: <Generic, Mini SD Reader, 0.00>
     8  sd3: drive offline
     9  sd4 at scsibus2 targ 1 lun 3: <Generic, USB MS Reader, 0.00>
    10  sd4: drive offline
    11  sd5 at scsibus2 targ 1 lun 4: <Generic, USB SM Reader, 0.00>
    12  sd5: 62MB, 512 bytes/sec, 128000 sec total
============================================================
Enter name of device which FuguIta will be installed --> sd0    ← LiveUSBを作成するデバイス

Do you make this USB flash drive bootable? [y/n] -> y           ← LiveUSB作成の場合は「y」

Enter size for saving User Data in MB (3396MB free).
'*' implies all --> 2048                                        ← データ保存用領域のサイズ
                                                                 「*」で残り全てを割当て
***THIS IS THE LAST CHANCE***
If you type 'Y' now, all the data on sd0 will be lost.
Are you sure to initialize sd0? [y/N] -> y                      ← 書き込みの最終確認

========================================
= Clearing MBR BSD disklabel
=
1+0 records in
1+0 records out
1048576 bytes transferred in 0.099 secs (10562763 bytes/sec)

========================================
= Setting up MBR
=
Writing MBR at offset 0.
〜以下略〜

この後ファイルシステムの作成とシステムの転送が行われ、インストール作業は完了です。

【ご注意】
!!書き込み先のデバイス名は十分にご確認下さい。誤ったデバイスに書き込むと、そこに保存されているデータが失われます。

#ref(): File not found: "fuguita-usb.png" at page "FuguItaガイド"

今まで説明した内容を図にすると、右のようになります。

「Do you make this USB flash drive bootable? [y/n] -> 」に対し y と答えた場合は a パーティションが作成され、そこにFuguItaのシステムが書き込まれます。このパーティションは700MBの固定サイズです。n を入力した場合は a パーティションは作成されません(この場合はデータ保存専用のUSBメモリとなります)。

「Enter size for saving User Data in MB」で入力したサイズの d パーティションが作成され、usbfadm のデータ保存先となります。

aパーティションとdパーティションの領域を確保したあとでまだ未使用領域があれば、i パーティションが確保されます。このパーティションはFATファイルシステムとしてフォーマットされ、Windowsなど他のOSからもアクセスできます。OpenBSDもFATをマウントできますから、FuguItaと他OSとのデータのやりとりに使用することもできます。

【メモ】
この節で説明したFuguItaのインストール方法は、USBメモリだけではなくOpenBSDが認識できる記録デバイス全般に対して使用可能です。例えばSDカード、コンパクトフラッシュ、メモリスティックあるいはATAやSATAのハードディスクなどにも書き込むことが可能です。

Booting without any user interactions

FuguItaではどのモードで起動するかに関わらず、起動中に手動で入力しなければならない箇所があります。

  • どのデバイスを使用して運用を行うか? (Which is FuguIta's operating device?)
  • 実装メモリのどれくらいをtmpfsに割り当てるか? (Enter tmpfs size in MB.)
  • どの保存デバイスからファイルを復帰させるか?(モード3のみ) (Which is FuguIta's storage device?)
  • どの保存名からファイルを復帰させるか?(モード3のみ) (config name ->)

上記の4項目については入力を自動化する機能があります。
それには、LiveUSB版FuguItaのdパーティションにあるnoasksというファイルに設定値を書き込みます。

$ doas -s
Password:
# mount /dev/sd0d /mnt
# cd /mnt
# ls -l
total 2
drwxr-xr-x  9 root  wheel  512 Dec 23 06:24 livecd-config
-rw-r--r--  1 root  wheel  302 Oct 27 07:50 noasks
#

ちなみに、livecd-configというディレクトリもありますが、usbfadmでデータを保存するとこのディレクトリの下にデータが転送されます。

# ls -l livecd-config
total 1
drwxr-xr-x   9 root  wheel  512 Dec 15 07:50 5.8-fugu-demo
#

noasksには、設定値の雛形がコメントの形で書かれていますので、テキストエディタで設定行のコメントを外し、設定したい値を書き込みます。

# vi noasks
#
# noasks - parameter settings for non-interactive boot
#
# Make statements uncommented
# to activate settings
#
#
# FuguIta system device
noask_rdev='sd0a'
#
# tmpfs size in MB
noask_umem='0'
#
# boot mode
noask_setup_rw_mode='3'
#
# data set name in USB flash drive
noask_confdir='5.8-fugu-demo'

編集が終了したらdパーティションをアンマウントしてシステムを再起動します。

# cd
# umount /mnt
# /sbin/shutdown -r now

noasksファイルによる値の設定がされている場合、次のようなメッセージが表示されます;

============================================
=     ______               __   _
=    / ____/              |  |_| |__
=   / /____  ______  __  _|  /_   _/_____
=  / ___/ / / / __ \/ / / |  | | | /  _  |
= / /  / /_/ / /_/ / /_/ /|  | | |_| (_) |__
=/_/   \____/\__  /\____/ |__| \___/____/__/
=            __/ /
=           /___/
=
= Welcome to FuguIta - OpenBSD Live System!
=                 http://fuguita.org/?FuguIta
=============================================
scanning partitions: wd0i wd0j sd0a sd0d
FuguIta's operating device(s): sd0a.
Press ^C to cancel non-interactive boot

この「Press ^C to cancel non-interactive boot」が表示されてから5秒待つと自動起動が実施されます。
5秒以内に<Control>-Cを入力するとnoasksファイルによる自動起動は中止され、通常の動作に戻ります。

【メモ】
noasksファイルの中に未設定の項目がある場合は、自動起動中にその項目設定の箇所でユーザからの入力を待ちます。

Saving aucomatically your settings and files at shutting down

前節の 起動時の設定入力を省略できるようにする ではFuguIta起動時の自動化について説明しましたが、終了時にデータを保存する処理を自動化することもできます。

OpenBSDではシステム終了時に /etc/rc.shutdown というスクリプトを実行するようになっているので、このファイルに以下のような処理を追加します。

export PATH=$PATH:/usr/local/bin:/usr/local/sbin:/usr/fuguita/bin:/usr/fuguita/sbin

usbfadm <<EOT
target         ←この行以降、usbfadmに打ち込む内容を記述します。
                 ↓
sd0d
saveas
5.8-fugu-demo
sync
y
q
EOT

すでにrc.shutdown中に処理が記述されている場合は、上記の処理はファイルの最後に記述するようにして下さい。

【ご注意】
!!この処理は保存処理時のエラーリカバリを行っていないので、保存に失敗してもシステムはシャットダウンを続行します。運用中に重要な処理を行った場合は、別途手動でデータを保存することをお勧めします。

Using multiple FuguIta devices

いままではほとんどの場面で、LiveCD版かLiveUSB版のFuguItaのどちらか一方を使う想定で説明を行ってきましたが、もしPCにLiveCDとLiveUSBの両方を装着して起動したらどうなるでしょうか? あるいは、LiveUSBを2つ作って、それを二つとも装着して起動したら?

FuguItaはそのような場合にもうまく動作するように設計されています。

LiveCDとLiveUSBの両方を装着して起動した場合について説明します。

まず、電源を入れた直後にCDとUSBのどちらが起動するかですが、これは FuguItaを起動する で説明したようにPCのBIOSメニューの設定によります。

次に、運用デバイス(ディレクトリ /fuguita にマウントされ、OSとして使用されるデバイス)ですが、FuguItaのシステムが書き込まれたデバイスが2つ以上検出された場合は、

scanning partitions: wd0i wd0j cd0a sd0a sd0d
FuguIta's operating device(s): cd0a sd0a.
Which is FuguIta's operating device? ->

のように使用可能なデバイスを列挙し、どれを使用するかユーザに尋ねるようになっています。

【メモ】
上の例ではwd0iとwd0jは内蔵ハードディスクという想定です。内蔵ハーディスクにはWindowsがインストールされていて、CドライブとDドライブの2つのパーティションが存在しているような場合、このような表示になります。

保存されたデータを読み込む場合も同様に候補が複数ある場合はどれを使うかユーザに尋ねます。例えばLiveUSBが2本挿された状態で起動モード3を選択した場合、以下のようにsd0d、sd1dの2つの候補が表示されます;

Select boot mode;
   0: clean boot
   1: clean boot (lower memory, faster boot)
   2: clean boot (everything on mfs)
   3: retrieve user data from USB flash memory
   4: retrieve user data from floppy disk
   5: interactive shell for debugging
-->3
scanning partitions: wd0i wd0j sd0a sd0d sd1a sd1d
FuguIta's storage device(s): sd0d sd1d.
Which is FuguIta's storage device? ->

usbfadmコマンドでデータを保存する場合も、設定やファイルを保存する で説明したように、usbfadmのtargetコマンドを使用して保存先のデバイスを指定できます。

以上のことを応用すると、以下に挙げるような運用が可能となります。

SDカード版のFuguItaで運用
動作中のFuguItaからFuguItaのLiveUSBやデータ保存用USBを作るで説明したように、usbfadmコマンドでは、USBメモリ以外の記憶デバイスにもFuguItaをインストールできます。
SDカードからの起動をサポートしているPCはほとんど存在しませんが、LiveCD版とSDカード版のFuguItaの2つを装着してPCを起動すると、システムの起動をLiveCDで行い、運用デバイスをSDカードとすることで、SDカード版FuguItaによる運用が可能となります。
LiveCD版FuguItaをモード3で起動
LiveCD版FuguIta単体では、データの保存・復帰はできませんが、LiveUSBなどと併用することでCDで運用しながら、データを保存して終了し、次回起動時に復帰するといった使い方ができます。

【メモ】
USBメモリはデータの保存時/復帰時にのみマウントされるので、それ以外の時ははずしておけます。

この、FuguItaの「起動と運用は別々のデバイスで行える」という特徴をさらに活かし、OpenBSDとFuguItaを共存させる ことや WindowsやLinuxとFuguItaを共存させる ことも可能になっています。これらについては次節以降で紹介します。

【メモ】
なお、起動時の設定入力を省略できるようにする で説明した設定入力の自動化は、全パーティション中に noasks ファイルが1つしかない場合に実行されます。2つ以上の noasks ファイルが検出された場合は安全のため自動実行は中止され、手動入力に移行します。

Using FuguIta on HDD-installed OpenBSD

FuguItaを実行しようとしているPCにすでにOpenBSDがインストールされている場合、そのインストール済みのOpenBSD内にFuguItaのファイルを置くことでLiveCDやLiveUSBを装着していなくてもFuguItaを起動することができます。

原理としては、既存のOpenBSDパーティションにFuguItaのカーネルとISOイメージを置き、既存のブートローダを利用してFuguItaのカーネルを起動する、という方法になります。

以下、設置と起動の方法を説明します。
まず既存のOpenBSDを起動し、rootでログインします。

次に、ルートディレクトリ直下に「ISO」というディレクトリを作成します。
この /ISO ディレクトリにFuguItaのサイトからISOイメージをダウンロードし、展開します。

# mkdir /ISO
# cd /ISO
# ftp http://mirror.ginzado.ne.jp/pub/FuguIta/FuguIta-5.8-201512272.iso.gz
Trying 110.92.1.251...
Requesting http://mirror.ginzado.ne.jp/pub/FuguIta/FuguIta-5.8-201512272.iso.gz
100% |**************************************************|   322 MB    07:48

338634465 bytes received in 468.48 seconds (705.90 KB/s)
# ls -l
total 661632
-rw-r--r--  1 root  wheel  338634465 Dec 29 00:55 FuguIta-5.8-201512272.iso.gz
# gunzip FuguIta-5.8-201512272.iso.gz
# ls -l
total 1427648
-rw-r--r--  1 root  wheel  730744832 Dec 29 00:55 FuguIta-5.8-201512272.iso

ISOイメージの中に含まれているFuguItaのカーネルをルートディレクトリ直下にコピーします。 vnconfig(8)はISOやUSBメモリのイメージファイルを記憶デバイスとしてアクセスできるようにするコマンドです。

# vnconfig vnd0 FuguIta-5.8-201512272.iso
# vnconfig -l
vnd0: covering FuguIta-5.8-201512272.iso on wd0a, inode 25986
vnd1: not in use
vnd2: not in use
vnd3: not in use
# mount -r /dev/vnd0a /mnt
# ls -l /mnt
total 1427119
-r-xr-xr-x  1 root  bin        71452 Apr  4  2015 boot
-rwxr--r--  1 root  wheel       2048 Dec 27 11:59 boot.catalog
-rw-r--r--  1 root  wheel    5569179 Dec 27 19:19 bsd-fi
-rw-r--r--  1 root  wheel    5577796 Dec 27 19:19 bsd-fi.mp
-r-xr-xr-x  1 root  wheel      72328 Dec 27 19:19 cdboot
-r-xr-xr-x  1 root  wheel       2048 Dec 27 19:19 cdbr
drwxr-xr-x  2 root  wheel       2048 Apr 18  2014 etc
-rw-r--r--  1 root  wheel  719388672 Dec 27 19:19 fuguita-5.8.ffsimg
# cp -p /mnt/bsd-fi /mnt/bsd-fi.mp  /
# umount /mnt
# vnconfig -u vnd0
# vnconfig -l
vnd0: not in use
vnd1: not in use
vnd2: not in use
vnd3: not in use
#

以上で設置作業は完了です。

【メモ】
データの保存と復帰を行いたい場合は livecd-config というディレクトリを作成します。ただし、ISO ディレクトリと同じ場所には作れません。なぜなら、ISO ディレクトリが作成されたパーティションは、FuguIta稼動中は書込み不可でマウントされるからです。従って、livecd-config の作成に適切なパーティションは、例えば /home や /var など、別パーティションのマウントポイント直下ということになります。

次に起動方法ですが、PCが起動し、カーネルメッセージが表示される直前に「boot>」というプロンプトが数秒間表示されます。
ここで何もしないと既設のOpenBSDシステムが起動しますが、起動したいカーネルを入力すると、そのカーネルが立ち上がります。

boot> bsd-fi.mp

この「bsd-fi.mp」がマルチプロセッサ用のFuguItaカーネルです。 シングルプロセッサ用のFuguItaカーネルを起動したい場合は「bsd-fi」と入力します。

【メモ】
以上の説明では ISO ディレクトリと livecd-config ディレクトリはルートディレクトリ直下に作成しましたが、OpenBSDのファイルシステムが作成されているパーティションの直下であれば、ルートディレクトリ直下でなくとも動作します。

Activating Swap Partitions

通常、FuguItaはスワップを使用せずメインメモリだけで動作しますが、ノーマルなOpenBSDとFuguItaが共存している ような環境では、OpenBSDのスワップパーティションを検出し、さらにそれを有効化します。

Which is FuguIta's operating device? -> wd0a
activating swap partition: /dev/wd0b
activating swap partition: /dev/wd1b

この例では、/dev/wd0b と /dev/wd1b の2つのスワップパーティションが見つかり、両方とも有効になっています。
スワップパーティションは検出と同時に有効化されます。これを無効/有効にする設定はありません。

【メモ】
何らかの理由でスワップを使用したくない場合(例えば、スワップパーティションにバッドセクタが存在するためプロセスが異常終了するおそれがある、ディスク上にメモリイメージを残したくない、など)場合は、起動モード5「interactive shell for debugging」を選択します。
選択後、シェルが立ち上がったらswapctl(8)コマンドを-dオプション付きで実行し、スワップを無効化します。
シェルを抜けると再度起動モードの選択になりますので本来の起動モードを選択し、処理を再開します。

Using FuguIta on Windows or Linux partition

FuguItaではWindowsのNTFSやFAT、LinuxのEXT-2, EXT-4ファイルシステムでフォーマットされたパーティションも運用デバイスとして用いることができます。
この方法は OpenBSDとFuguItaを共存させる で説明した手順とほぼ同様な方法です。つまり、

  • 運用デバイスとして用いるOSを起動させ、
  • そのOS上のファイルシステム直下(WindowsならCドライブやDドライブ、Linuxならルートディレクトリやその他のマウントポイント)にISOというフォルダを作成し、
  • そのフォルダ内にFuguItaのISOイメージを置きます。

だたし、WindowsやLinuxのファイルシステムからFuguItaを使用する場合は、以下のような制限があります。

  • 現段階ではWindowsやLinuxのファイルシステムに置かれたOpenBSDのカーネルを起動ことができません。従って、カーネルの起動時のみLiveCD版やLiveUSB版のFuguItaを使用することになります。
  • WindowsやLinuxのファイルシステムは、データの保存・復帰も対応していませんので、データの保存と復帰にはLiveUSB版のFuguItaを使用します。

Changing Window Manager

FuguItaにはXのウィンドウマネージャとしてデフォルトではIceWMが起動しますが、OpenBSDに元々入っている3つのウィンドウマネージャ、twm, fvwm, cwmも使用することができます。

一時的にウィンドウマネージャを変更したい場合は、設定ファイルの書き換えなどは不要です。以下のようにしてXを起動します;

$ WM=cwm startx

通常使用するウィンドウマネージャを変更したい場合は、ホームディレクトリにある .xinitrc ファイルを以下のように書き換えます。

〜略〜
xset fp+ /usr/local/share/fonts/sazanami/
xset fp+ /usr/fuguita/lib/fonts/

WM=${WM:-icewm}    ←「icewm」の部分を他のウィンドウマネージャに変更します

case X"$WM" in
    Xicewm)
        rox -t top -p pin
        exec icewm
        ;;
〜略〜

FuguItaに入っていないウィンドウマネージャを使用したい場合は、pkg_addなどでインストールを行ったあと、.xinitrcにそのウィンドウマネージャの起動処理を追加して下さい。

Enabling xdm

X Window Systemではxdm(1)というプログラムによって、Xのログイン画面を表示することができます。 xdmは手動で起動することもできますが、通常はシステム起動時に自動的に立ち上がるように設定します。 これには OSの設定値を変更する で説明したように、/etc/rc.conf.local ファイルの内容を変更します。

以下の例は、rcctl(8)を使用して rc.conf.local の内容を変更しています;

$ cd
$ cat /etc/rc.conf.local
# pkg_scripts='dbus_daemon'
shlib_dirs='/usr/fuguita/lib'
$ doas rcctl set xdm status on
Password:
$ rcctl get xdm
xdm_class=daemon
xdm_flags=
xdm_timeout=30
xdm_user=root
$ cat /etc/rc.conf.local
# pkg_scripts='dbus_daemon'
shlib_dirs='/usr/fuguita/lib'
xdm_flags=
$

rcctlコマンドでxdmを有効にすると rc.conf.local に「xdm_flags=」という行が付け加えられることがわかります。

【メモ】
テキストエディタで rc.conf.local を直接編集しても同じ結果が得られます。
OpenBSD 5.7以前はrcctlコマンドが開発されておらず、テキストエディタによる編集が正規の設定手順でした。

設定変更後usbfadmで保存を行い、以降、モード3で起動すればxdmが立上ります。

【メモ】
xdmが表示されている状態で<Control>+<Alt>+<F1>を押すと通常のテキストログイン画面に切り替わります。この仮想コンソールは全部で12面あり、<Control>+<Alt>+<F1>から<Control>+<Alt>+<F12>まで割り当てられています。Xの表示は5番目の仮想コンソールに割り当てられているので、<Control>+<Alt>+<F5>を押すと、Xの画面に戻ります。

Updating FuguIta

OpenBSDは半年に一度、メジャーリリースが行われており、このとき OpenBSD 5.7 → OpenBSD 5.8 のようにバージョンが変わります。
そしてその半年にもセキュリティや安定性の向上などに関する修正が行われており、OpenBSDの公式サイトでも http://www.openbsd.org/errata58.html で修正情報が提供されます。

FuguItaもこの修正情報への追従を行っており、現行で公開されている版はいままでの修正情報が全て適用されたものとなっています(実際には、適用作業と動作確認を行うため修正情報の公開からは数日程度のタイムラグがあります)。

なお、FuguItaで現在運用中のOSのバージョンを確認するには次のようにコマンドを実行します。

$ uname -a                                       ← OSのバージョンを確認
OpenBSD fugu-demo.localnet 5.8 RDROOT.MP#2 i386
$ sysctl kern.version                            ← カーネルのバージョンを確認
kern.version=OpenBSD 5.8-stable (RDROOT.MP) #2: Wed Nov 11 13:18:48 JST 2015
    root@nimbus5.localnet:/opt/fi/5.8/sys/arch/i386/compile/RDROOT.MP

$ cat /usr/fuguita/version                       ← FuguItaのバージョンを確認
5.8-201512272

この節では、現在お使いのFuguItaを最新版にアップデートする方法を解説します;

In case of version up of OpenBSD

これは、FuguItaがベースとしているOpenBSDのメジャーリリースが行われた場合です。例えば、

FuguIta-5.7-201510161
          ↓
FuguIta-5.8-201510255

ですが、これはFuguItaのベースとなっているOSがOpenBSD 5.7からOpenBSD 5.8に変っています。

OpenBSDのメジャーリリースが変っている場合、システムのアップデートは困難です。
その理由は、OpenBSDがバージョンアップすると、システムコールの仕様変更、共有ライブラリの互換性のないバージョンアップ、コマンドのや追加・削除や仕様変更などが大幅に行われるため、過去の環境を保ったままバージョンを移行することが現実的ではないためです。

OpenBSDのメジャーリリースを跨いでの移行は、以下のような方法が推奨されます;

  • LiveCDやLiveUSBを新規に作成する。
  • 新しいバージョンのFuguItaを起動させ、古いバージョンのFuguItaから各種設定やユーザが作成したファイルなどの移行作業を行う。

【メモ】
usbfadmコマンドのsavasで保存名を付ける場合に、デフォルトでは保存名の冒頭に「5.8-fugu-demo」といったOSのバージョンが付きますが、これはこの節で述べたバージョン間で互換性がないことを示すために付けられています。

In case of applying patch of OpenBSD

これは、

FuguIta-5.8-201511297
          ↓
FuguIta-5.8-201512051

のようにOpenBSDのバージョンを表す「5.8」の部分が変っていないことで確認できます。

この場合はシステムの変更は部分的なものにとどまっていますので、ユーザデータの移行などは必要ありません。 システムの移行は、以下の手順で行います。

LiveCDの移行手順
LiveCDの場合はメディアの部分的な書き換えはできませんので、新しいバージョンのLiveCD版FuguItaを作り、それを使用する形になります。
USBメモリに保存したデータについては、そのまま起動モード3で読み込んで使用できます。

LiveUSBの移行手順
LiveUSBの場合は、USBメモリ内のシステムファイルを差し替えることでそのまま移行できます。以下、手順を示します。

まず最初に新しいバージョンのFuguItaをモード0か1で起動します。運用デバイスは、LiveCD, LiveUSBあるいはWindowsやLinuxとの共存形式のいずれも使用できます。
ネットワークの設定等は適当でOKです。あるいは設定しなくても問題ありません。起動が完了したらrootでログインし、以下のようにファイルの上書きを行います。

# ls -l /sysmedia        ← 現在運用中のシステムファイルが格納されている
total 1427119
-r-xr-xr-x  1 root  bin        71452 Apr  4  2015 boot
-rwxr--r--  1 root  wheel       2048 Dec 27 11:59 boot.catalog
-rw-r--r--  1 root  wheel    5569179 Dec 27 19:19 bsd-fi
-rw-r--r--  1 root  wheel    5577796 Dec 27 19:19 bsd-fi.mp
-r-xr-xr-x  1 root  wheel      72328 Dec 27 19:19 cdboot
-r-xr-xr-x  1 root  wheel       2048 Dec 27 19:19 cdbr
drwxr-xr-x  2 root  wheel       2048 Apr 18  2014 etc
-rw-r--r--  1 root  wheel  719388672 Dec 27 19:19 fuguita-5.8.ffsimg
# mount /dev/sd0a /mnt   ← 旧バージョンのLiveUSBをマウント
# ls -l /mnt
total 1427592
-rw-r--r--  1 root  wheel      71564 Oct 27 07:49 boot
-rwxr--r--  1 root  wheel       2048 Nov 29 16:44 boot.catalog
-rw-r--r--  1 root  wheel    5568445 Nov 29 16:44 bsd-fi
-rw-r--r--  1 root  wheel    5577178 Nov 29 16:44 bsd-fi.mp
-r-xr-xr-x  1 root  wheel      72328 Nov 29 16:44 cdboot
-r-xr-xr-x  1 root  wheel       2048 Nov 29 16:44 cdbr
drwxr-xr-x  2 root  wheel        512 Apr 18  2014 etc
-rw-r--r--  1 root  wheel  719388672 Dec  5 06:52 fuguita-5.8.ffsimg

  旧バージョンのシステムファイルを新バージョンもので置き換え
                         ↓
# cp -p /sysmedia/bsd-fi /sysmedia/bsd-fi.mp /sysmedia/fuguita-5.8.ffsimg /mnt

# ls -l /mnt             ← 置き換わっていることを確認
total 1405576
-rw-r--r--  1 root  wheel      71564 Oct 27 07:49 boot
-rwxr--r--  1 root  wheel       2048 Nov 29 16:44 boot.catalog
-rw-r--r--  1 root  wheel    5569179 Dec 27 19:19 bsd-fi
-rw-r--r--  1 root  wheel    5577796 Dec 27 19:19 bsd-fi.mp
-r-xr-xr-x  1 root  wheel      72328 Nov 29 16:44 cdboot
-r-xr-xr-x  1 root  wheel       2048 Nov 29 16:44 cdbr
drwxr-xr-x  2 root  wheel        512 Apr 18  2014 etc
-rw-r--r--  1 root  wheel  719388672 Dec 27 19:19 fuguita-5.8.ffsimg
# umount /mnt
#

作業が完了したら、PCを再起動し、アップデートしたLiveUSBが使用可能であることを確認します。
LiveUSBアップデート後の運用は今までと変りなく、データの移行等をする必要もありません。

FuguIta in a mobile environment

FuguItaをモバイル環境の端末として使うためには、基本的な部分は固定環境での運用と大きく変わるところはありません。

しかしモバイル環境特有の事情を考慮し、設定を追加するとより効率的に運用できる面もあります。

この節ではそのような設定項目としてノートPCの電源関連、及び無線LANの関連について解説します。

Power Savings

現在のPC、とりわけノートPCにはACPI (Advanced Configuration and Power Interface)やAPM (Advanced Power Management)という仕組みがあり、バッテリーなどの電源装置の監視や制御を行うことができます。
OpenBSDではこれらの仕組みはacpi(4)、及びapm(4)として実装されており、管理用のコマンドを通じてアクセスすることができます。

acpiやapmの管理は、apmd(8)というデーモンにより行います。
apmdの状態確認と設定を行います;

$ doas -s
Password:
# rcctl get apmd
apmd_class=daemon
apmd_flags=NO      ← apmdは無効(動作しない)設定になっている。
apmd_timeout=30
apmd_user=root

apmdを有効にします。

# rcctl set apmd status on
# rcctl get apmd
apmd_class=daemon
apmd_flags=
apmd_timeout=30
apmd_user=root
# 

設定が完了したらusbfadmにて設定ファイルを保存し、FuguItaを再起動します。

apmdが稼動している状態では、apm(8)というコマンドで状態の監視と制御が可能です。

$ apm
Battery state: high, 89% remaining, 57 minutes life estimate
A/C adapter state: not connected
Performance adjustment mode: auto (1000 MHz)

以下の例では、apmコマンドに-Lフラグを与えて、CPUが常時低クロックで動作するように設定しました;

$ apm -L
$ apm
Battery state: high, 88% remaining, 42 minutes life estimate
A/C adapter state: not connected
Performance adjustment mode: manual (1000 MHz)

バッテリーなどハードウェアの状態は、sysctlコマンドやsystat(1)コマンドでもモニタできます。

$ sysctl hw.sensors
hw.sensors.acpitz0.temp0=55.50 degC (zone temperature)
hw.sensors.acpiac0.indicator0=Off (power supply)
hw.sensors.acpibat0.volt0=14.80 VDC (voltage)
hw.sensors.acpibat0.volt1=15.30 VDC (current voltage)
hw.sensors.acpibat0.current0=1.19 A (rate)
hw.sensors.acpibat0.amphour0=1.12 Ah (last full capacity)
hw.sensors.acpibat0.amphour1=0.21 Ah (warning capacity)
hw.sensors.acpibat0.amphour2=0.07 Ah (low capacity)
hw.sensors.acpibat0.amphour3=0.92 Ah (remaining capacity), OK
hw.sensors.acpibat0.amphour4=2.15 Ah (design capacity)
hw.sensors.acpibat0.raw0=1 (battery discharging), OK
hw.sensors.acpibtn0.indicator0=On (lid open)
hw.sensors.acpidock0.indicator0=Off (not docked), UNKNOWN
hw.sensors.cpu0.temp0=55.00 degC
$ systat sensors
    3 users    Load 0.40 0.42 0.37                     Wed Dec 30 04:18:11 2015

SENSOR                                 VALUE  STATUS  DESCRIPTION
acpitz0.temp0                     56.50 degC          zone temperature
acpiac0.indicator0                       Off          power supply
acpibat0.volt0                    14.80 V DC          voltage
acpibat0.volt1                    15.26 V DC          current voltage
acpibat0.current0                     1.08 A          rate
acpibat0.amphour0                    1.12 Ah          last full capacity
acpibat0.amphour1                    0.21 Ah          warning capacity
acpibat0.amphour2                    0.07 Ah          low capacity
acpibat0.amphour3                    0.90 Ah    OK    remaining capacity
acpibat0.amphour4                    2.15 Ah          design capacity
acpibat0.raw0                          1 raw    OK    battery discharging
acpibtn0.indicator0                       On          lid open
acpidock0.indicator0                     Off unknown  not docked
cpu0.temp0                        56.00 degC

systatコマンドはデフォルトでは5秒おきに状態を更新し、表示を続けます。「q」を入力すると終了します。

apmコマンドはまた、PCを休止状態にすることができます。
休止状態にするにはapmコマンドの他、zzz(8)やZZZ(8)などのコマンドも使用可能です。また、PCの機種によっては特定のキーに休止動作が割り付けられているものもあります。
休止からの復帰方法は機種により異なりますが、電源ボタンを短かく押したり休止キーを再度押したりするものが多いようです。

【ご注意】
!!スタンバイ、スリープやハイバーネートのような休止動作を行うと、USBデバイスは切り離され、復帰時に再接続されます。従ってUSBデバイス上のファイルシステムをマウントしているLiveUSB版FuguItaはシステム復帰後、正常に動作しなくなりますのでご注意下さい。
!!PCの機種によっては休止動作がうまくいかないものがあります(スタンバイはできるがサスペンドやハイバーネートはできない、休止状態から復帰できない、あるいは動作が不安定で時々復帰に失敗する、など)。使用にあたっては事前の動作確認をお願いします。

Xを使用している時は、xsetコマンドでディスプレイを制御できます。ホームディレクトリ直下の .xinitrc 内に以下のような行を追加します;

〜略〜
xset fp+ /usr/fuguita/lib/fonts/

xset s on     ← スクリーンセーバーを有効にする
xset s 180    ← スクリーンセーバーの動作開始時間(秒)
xset +dpms    ← ディスプレイを省電力モードに移行

WM=${WM:-icewm}

case X"$WM" in
    Xicewm)
〜略〜

この設定をおこなうと、マウスやキーボードの操作が180秒以上行われない場合、ディスプレイが省電力モードになります。

Wireless Networking

無線LANデバイスの設定方法はイーサネットの有線LANを使う場合と同じですが、若干設定を追加する箇所等が必要になります。

無線LANデバイスの幾つかはそのデバイスを動作させるためにそのデバイスのメーカーが供給するファームウェア(firmware)が必要となるものがあり、そのファームウェアにもあらかじめ /etc/firmware 内に用意されているものとダウンロードが必要なものがあります。

お使いの無線LANデバイスがファームウェアを必要とするかどうかはそのデバイスのマニュアルページを参照して下さい。

ファームウェアのダウンロードが必要な場合、fw_update(8)コマンドでファームウェアのダウンロードとインストールを行います。 以下はIntel社の無線アダプタwpi(4)の場合です;

$ doas fw_update -v
Password:
Path to firmware: http://firmware.openbsd.org/firmware/5.8/
Updating: wpi-firmware-3.2p1
$

【メモ】
fw_updateはOSの初回起動時に自動的に実行されますのでこの時インターネットに接続している状態であれば、すでにファームウェアがインストールされています。

まず、ifconfig(8)コマンドを用いて手動で設定を行ってみます。
mynetの部分には実際に接続する無線アクセスポイントのSSID、mynet-passwordには無線アクセスポイントのパスワードを設定します。
暗号化にWEPを用いる場合や暗号化を行わない場合など、設定の詳細については、ifconfig(8)の「IEEE 802.11 (WIRELESS DEVICES)」の章を参照して下さい;

# ifconfig wpi0
wpi0: flags=8802<BROADCAST,SIMPLEX,MULTICAST> mtu 1500
        lladdr 00:1b:77:aa:bb:cc
        priority: 4
        groups: wlan
        media: IEEE802.11 autoselect
        status: no network
        ieee80211: nwid ""
# ifconfig wpi0 nwid mynet wpakey mynet-password
# ifconfig wpi0
wpi0: flags=8802<BROADCAST,SIMPLEX,MULTICAST> mtu 1500
        lladdr 00:1b:77:aa:bb:cc
        priority: 4
        groups: wlan
        media: IEEE802.11 autoselect
        status: no network
        ieee80211: nwid mynet wpakey mynet-password wpaprotos wpa1,wpa2 wpaakms
psk wpaciphers tkip,cc
mp wpagroupcipher tkip

設定が終了したので、実際に接続してみます。

# ifconfig wpi0 up
# ifconfig wpi0
        wpi0: flags=8843<UP,BROADCAST,RUNNING,SIMPLEX,MULTICAST> mtu 1500
        lladdr 00:1b:77:aa:bb:cc
        priority: 4
        groups: wlan
        media: IEEE802.11 autoselect (DS1 mode 11g)
        status: active
        ieee80211: nwid mynet chan 4 bssid 1c:b1:7f:dd:ee:ff 37dBm wpakey mynet-password
wpaprotos wpa1,wpa2 wpaakms psk wpaciphers tkip,ccmp wpagroupcipher tkip

確認のために「ifconfig wpi0」を実行してみると、「status: active」とあり、接続に成功したことがわかります。

無線LANには接続できましたが、wpi0にはまだIPアドレスが付いていません。DHCPを使用してIP関連の機能を有効にしてみます;

# dhclient wpi0
DHCPREQUEST on wpi0 to 255.255.255.255
DHCPACK from 192.168.10.231 (00:09:41:4d:6c:6d)
bound to 192.168.10.98 -- renewal in 302400 seconds.
# ifconfig wpi0
        wpi0: flags=8843<UP,BROADCAST,RUNNING,SIMPLEX,MULTICAST> mtu 1500
        lladdr 00:1b:77:aa:bb:cc
        priority: 4
        groups: wlan
        media: IEEE802.11 autoselect (DS1 mode 11g)
        status: active
        ieee80211: nwid mynet chan 4 bssid 1c:b1:7f:dd:ee:ff 38dBm wpakey
mynet-password wpaprotos wpa1, wpa2 wpaakms psk wpaciphers tkip,ccmp wpagroupci
pher tkip
        inet 192.168.10.98 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.10.255

wpi0にIPアドレスが付与されたので、実際にウェブサイトにアクセスしてみます。

# exit
$ w3m http://www.openbsd.org/
About OpenBSD                             [OpenBSD 5.8]
Project Goals
Hardware Platforms       Only two remote holes in the default install, in
Security  Crypto                      a heck of a long time!
Events  Papers
Innovations              The OpenBSD project produces a FREE,
                             〜略〜

以上のようにインターネットに接続できました。
w3mはテキストベースのウェブブラウザです。上記のように文字端末からウェブにアクセスしたい場合などに手軽に使え、便利です。

以上は手動で設定を行う例でしたが、無線LANもイーサネット同様、/etc/hostname.wpi0に記述しておけばOS起動時に自動的に設定が行われます。 上の例と同じ設定を行うには、/etc/hostname.wpi0 を以下のように記述します。

nwid mynet
wpakey mynet-password
dhcp

【メモ】
/etc/hostname.wpi0の設定内容を手動で反映させたい場合は、rootで

# sh /etc/netstart wpi0

を実行します。

Using FuguIta (for FuguIta developpers)

この章ではFuguItaの内部を理解したり、FuguItaをベースに自分で開発を行う場合の情報を提供します。

Researching FuguIta's technical information

FuguItaはOpenBSDをベースにしているので、その構成物のほとんどはOpenBSD関連の情報がそのまま利用できます。

公式のOpenBSDとは異なるFuguIta特有の部分については、このサイトの日本後トップページに公開資料の一覧がありますので、そちらをご参照下さい。
(過去の資料の中には、現状のFuguItaと異っている部分もありますので、ご注意下さい)

Creating ISO image on running FuguIta

動作中のFuguItaからFuguItaのLiveUSBやデータ保存用USBを作るではLiveUSBのイメージファイルを作成しましたが、この節ではmkhybrid(8)コマンドを用いて稼動中のFuguItaからLiveCDのISOイメージを作成する方法を説明します。

【メモ】
この作業は大きなサイズのファイルを扱うので、tmpfsのサイズは1.5ギガバイト以上必要です。
tmpfsでは足りない場合、他の記録デバイスをマウントしてそちらで作業します。

起動はモード0又はモード1で行い、作業はrootで実施します;

$ mkdir work            ← 作業用ディレクトリを作成
$ doas -s
Password:
# cd work
# cp -pR /sysmedia/* .  ← 作業用ディレクトリに /sysmedia 以下のファイルをコピー
# ls -l
total 1427144
-rw-r--r--  1 root  wheel      71564 Oct 27 07:49 boot
-rwxr--r--  1 root  wheel       2048 Nov 29 16:44 boot.catalog
-rw-r--r--  1 root  wheel    5569179 Dec 27 19:19 bsd-fi
-rw-r--r--  1 root  wheel    5577796 Dec 27 19:19 bsd-fi.mp
-r-xr-xr-x  1 root  wheel      72328 Nov 29 16:44 cdboot
-r-xr-xr-x  1 root  wheel       2048 Nov 29 16:44 cdbr
drwxr-xr-x  2 root  wheel         56 Apr 18  2014 etc
-rw-r--r--  1 root  wheel  719388672 Dec 27 19:19 fuguita-5.8.ffsimg
# rm boot.catalog       ← このファイルはmkhybridが生成するので念のため削除しておく
# mkhybrid -a -R -L -l -d -D -N -o ../livecd.iso -b cdbr -c boot.catalog .

Size of boot image is 4 sectors -> No-emulation CD boot sector
 1.40% done, estimate finish Wed Dec 30 13:59:44 2015
 2.80% done, estimate finish Wed Dec 30 13:59:44 2015
                       〜略〜
 98.09% done, estimate finish Wed Dec 30 13:59:49 2015
 99.50% done, estimate finish Wed Dec 30 13:59:49 2015
Total translation table size: 0
Total rockridge attributes bytes: 1105
Total directory bytes: 2048
Path table size(bytes): 22
Max brk space used 0
356809 extents written (696 Mb)
# exit
$ ls -l
total 1427360
-rw-r--r--  1 root   yoshi  730744832 Dec 30 13:59 livecd.iso
drwxr-xr-x  3 yoshi  yoshi        224 Dec 30 13:59 work
$

作業ディレクトリの1つ上の階層に作成された livecd.iso というファイルがFuguItaのISOイメージファイルです。

Creating LiveUSB image on running FuguIta

この節では、LiveUSBのメモリイメージファイルを作成する方法を紹介します。

作成の原理は単純であらかじめイメージとなるファイルを作っておき、OpenBSDとFuguItaを共存させる で説明した vnconfig コマンドを使ってこのファイルをディスクデバイスとしてアクセスできるように設定し、そのデバイスに対して usbfadm の newdrive を実行します;

$ doas -s
Password:
# vnconfig -l     ← vnd(4)の使用状況の確認、vnd5以外は未使用
vnd0: not in use
vnd1: not in use
vnd2: not in use
vnd3: not in use
vnd4: not in use
vnd5: covering /sysmedia/fuguita-5.8.ffsimg on sd0a, inode 8
# vnconfig vnd0 livecd.img  ← イメージファイルを /dev/vnd0 としてアクセス
# vnconfig -l                  できるようにする。
vnd0: covering livecd.img on ??, inode 89761
vnd1: not in use
vnd2: not in use
vnd3: not in use
vnd4: not in use
vnd5: covering /sysmedia/fuguita-5.8.ffsimg on sd0a, inode 8
# usbfadm                                                                      

Welcome to usbfadm.
USB flash drive maintenance tool for FuguIta

     Boot mode: manual

Type ? for help.

? : ? --> newdrive 

Please make sure the device inserted.
Then press ENTER -> 

==== FYI: sd[0-9] on syslog ================================
============================================================
Enter the name of device which FuguIta will be installed --> vnd0

    〜略〜

以上のように、LiveUSBのインストール先としてvnd0を指定します。これ以降は 動作中のFuguItaからFuguItaのLiveUSBやデータ保存用USBを作る で説明した手順でLiveUSBの書き込みを行います。

書き込みが終了したらusbfadmを抜け、vnodeデバイスの設定も解除します。

    〜略〜
** /dev/rvnd0d
** File system is already clean
** Last Mounted on /mnt
** Phase 1 - Check Blocks and Sizes
** Phase 2 - Check Pathnames
** Phase 3 - Check Connectivity
** Phase 4 - Check Reference Counts
** Phase 5 - Check Cyl groups
3 files, 3 used, 578780 free (20 frags, 72345 blocks, 0.0% fragmentation)

? : ? --> q

Bye bye...
# vnconfig -u vnd0                                                             
# vnconfig -l                                                                  
vnd0: not in use
vnd1: not in use
vnd2: not in use
vnd3: not in use
vnd4: not in use
vnd5: covering /sysmedia/fuguita-5.8.ffsimg on sd0a, inode 8
# exit
$

以上でLiveUSB版のイメージファイルが作成されました。

FuguIta as a "Turn-Key" machine

FuguItaは書込み可能なファイルをすべてメモリ上に持っているため、シャットダウン操作等を行わずいきなり電源を断にしたりしてもファイルシステムに不具合が発生することはありません。
また稼動中にusbfadmによるファイルの保存を行わない限りは、毎回同じ状態でシステムが立上ります。

このような特徴を利用して、FuguItaをベースにして特定のアプリケーションを実行するための専用のマシン(ターンキーシステム: Turn Key System)などを作成することができます。

このようなシステムを構築するためには、今までに説明してきたテクニックを組合せて使います;

  • まず運用環境を整える。
    起動モード0で立ち上げて、各種設定やアプリケーションのインストール等を行い、目的の動作をするように環境構築をする。
  • ログイン操作なしでアプリケーションが立ち上がるように ttys(5) ファイルを編集する。

これらの詳細な手順は、このサイトにある EBUG勉強会/20140507_実用で使うFuguIta? という資料で説明しておりますのでご参照下さい。

Using build tools for FuguIta

FuguItaは不定期ではありますが、ライブシステム構築のために使用しているツールを公開しています。
この構築ツールを使用することでFuguItaを改造した独自のライブシステムを作成することができます。

#ref(): File not found: "dlsite.png" at page "FuguItaガイド"

この構築ツールは配布サイトの tools というサブディレクトリ下にあります。

構築ツールをダウンロード後通常のOpenBSD環境で展開し、さらにライブシステムに書き込むファイルツリーとOpenBSDカーネルのソースコードを用意することでビルドを行うことができます。

ライブシステムの具体的な構築手順は FuguIta/FAQ/SelfBuild をご参照願います。

【メモ】
nabekenさんという方がFuguItaを基にしてmyFuguitaというライブシステムを作成されています。myFuguitaは、FuguItaの構築環境をOpenBSDの標準ビルドシステムに組み込み、amd64アーキテクチャで動作するように改良したものです。

Bottomline

FuguItaについての説明は以上です。

このガイドではFuguItaの導入から応用・開発までを紹介しましたが、全体を通してFuguItaの方向性を感じ取って頂けましたでしょうか。

FuguItaは「ITにおけるアーミーナイフ」を目指しています。つまり、手軽に持ち運べ、様々な用途に利用できる、ということです。その代わり、性能的には特定用途につくられた専用のシステムにはかないませんし、初心者が何の予備知識もなしにすぐに使えるというものでもありません。

このガイドはそんなFuguItaに関する取扱説明書のようなものと理解して頂ければ幸いです。

【メモ】
作者は若い頃貧乏学生だったので、ハンダゴテとスイスアーミーナイフだけで電子工作をしていました。

そして、アーミーナイフの性能が高品質なステンレス鋼の製造技術に支えられているようにFuguItaの機能もまた、OpenBSDに支えられています。

今回この文書を作成して改めて感じたことは、FuguItaが様々な機能を提供できているのはOpenBSDの優れた設計と実装によるところが大きい、ということです。

長年にわたりOpenBSDの改良を進めてこられたTheo de Raadt氏を始めとするOpenBSD開発コミュニティの皆様には改めて御礼を申し上げます。
さらに、FuguItaに同梱させて頂いている種々のフリーソフトウェアに携っている方々、そして様々なユーザコミュニティの方々にも御礼を申し上げます。特にEBUG (Echigo BSD Users Group)のメンバーの方々には、配布サイトのご提供、そして様々な提言・助言を頂いており、感謝の念に絶えません。
これらなしには10年もの間、開発を続けることは到底不可能だったろうと思います。

今後とも、FuguItaをどうぞよろしくお願い致します。

2015年12月30日
川俣 吉広

Reload  New Edit Freeze Diff Attach Copy Rename  Top Index Search Recent Backups  Help  RSS
Last-modified: 2018-05-01 (Tue) 11:04:24 (109d)