インストール時のちょっとした事ども

タイムゾーンの設定

日本のマシンはCMOSクロックは通常JSTに設定されていることが多い。 これをUTCにしてしまえば問題なく使用できるが、デュアルブート機などはそれも 難しいのでカーネルにタイムゾーンを設定することになる。

インストール時には、そのような設定のされていないカーネルが起動されるので、 そのままインストール作業を行うと、タイムスタンプのずれたファイルやディレクトリが 作成される。 大きな影響はないが、それもいやな場合は、インストールのブート時にタイムゾーンを設定する。

Using drive 0, partition 3:
Loading:...
probing: pc0 com0 mem[639K 39M a20=on]
disk: fd0 hd0
>> OpenBSD/i386 BOOT 2.06
boot> boot -c              ← -c オプションによりUKCを起動
booting hd0a:/bsd: ...           UKC: User Kernel Configuration
 ...
 ...
User Kernel Config
UKC> timezone -540         ← JSTのオフセット9時間(=540分)を指定
timezone = -540 , dst = 0
UKC> quit
Continuing ...

あとは通常どおりインストール。

インストール終了後は、いずれかの方法でカーネルのタイムゾーンを書き換える。

  1. configコマンドで既存のカーネルを書き換え
    cd /
    cp bsd bsd.bak
    config -e -o bsd.new bsd
    User Kernel Config
    UKC> timezone -540         ← JSTのオフセット9時間(=540分)を指定
    timezone = -540 , dst = 0
    UKC> quit
    cat bsd.new >bsd
    リブートして確認
  2. 以下をconfigファイルに追加してカーネルをリコンパイル
    option        TIMEZONE="-540" # CMOS Clock set to JST
    

あとは通常どおりコンパイル/インストールする。

ファイルセットの選択

インストール中、ファイルセットの選択をする場面では、 ワイルドカードが使用できる。

The following sets are available. Enter a filename, 'all' to select
all the sets, or 'done'. You may de-select a set by prepending a '-'
to its name.

        [X] bsd
        [ ] bsd.rd
        [X] base35.tgz
        [X] etc35.tgz
        [X] misc35.tgz
        [X] comp35.tgz
        [X] man35.tgz
        [X] game35.tgz
        [ ] xbase35.tgz
        [ ] xshare35.tgz
        [ ] xfont35.tgz
        [ ] xserv35.tgz

File Name? (or 'done') [bsd.rd] x*

The following sets are available. Enter a filename, 'all' to select
all the sets, or 'done'. You may de-select a set by prepending a '-'
to its name.

        [X] bsd
        [ ] bsd.rd
        [X] base35.tgz
        [X] etc35.tgz
        [X] misc35.tgz
        [X] comp35.tgz
        [X] man35.tgz
        [X] game35.tgz
        [X] xbase35.tgz
        [X] xshare35.tgz
        [X] xfont35.tgz
        [X] xserv35.tgz

これって、知らなかったの俺だけ?

ファイルシステムの設定

/etc/fstabに以下のような記述をしている。

/dev/wd0a  /         ffs     rw,softdep                 1 1
/dev/wd0b  /tmp      mfs     rw,noatime,async,-s=24576  0 0
/kern      /kern     kernfs  ro                         0 0
/proc      /proc     procfs  rw,linux                   0 0
  • 通常のffsにはsoftupdateを指定(ただし、vnodeを指定してファイルにスワップを取るパーティションがある場合には、そのパーティションには設定できない)。
  • /tmpに一時ファイルを作成するプログラム(コンパイラなど)を多用するマシンでは、/tmpをmfs(メインメモリ上に作成されたファイルシステム)を導入しておく。-sオプションでファイルシステムのサイズ(ブロック単位)を指定。
  • /kernと/procは、動作を監視するスクリプト(自作)から利用。

FrontPage


Reload  New Edit Freeze Diff Attach Copy Rename  Top Index Search Recent Backups  Help  RSS
Last-modified: 2004-10-22 (Fri) 01:20:44 (4930d)