#topicpath
 * 河豚板のUEFI/GPT対応 [#td0364db]
 RIGHT:EBUG 第68回会合 ~
 2019年2月23日、(有)銀座堂 ~
 川俣吉広、kaw@on.rim.or.jp
 
 **発端 [#q0089df3]
 Twitterでの[[このtweet>https://twitter.com/ao_kenji/status/1073836123934183424]]がきっかけ。
 
 このやりとりが発端となり、[[河豚板のUEFI対応>https://twitter.com/yoshi_kaw/status/1074110733577637888]]を開始する。
 
 **UEFIとGPT [#a6e0bc70]
 :UEFI (Unified Extensible Firmware Interface)|OSとファームウェアとの間のソフトウェアインタフェースを定義する仕様([[Wikipedia>https://ja.wikipedia.org/wiki/Unified_Extensible_Firmware_Interface]])~
 従来のBIOS (Legacy BIOS)による起動方法からの置換えを意図している。~
 ・UEFI用のパーティション(ファイルシステムとしてはFAT)を持つ。~
 ・そのパーティション内に起動用の実行バイナリが格納されている。このバイナリファイルは*.EFIの拡張子を持ち、UEFIアプリケーションと呼ばれる。
 
 :GPT (GUID (Globally Unique Identifier) Partition Table)|ストレージデバイス上のパーティションテーブルの配置に関する標準規格([[Wikipedia>https://ja.wikipedia.org/wiki/GUID%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB]])~
 Legacy BIOSで用いられてきたMBR (Master Boot Record)に替わるものとしてUEFIの一部として定義されている。~
 ・MBRが扱えるのは最大2TBのディスクを4区画まで~
 ・GPTでは最大8ZBを128区画までパーティショニング可能
 
 OpenBSDの場合に現状で考えられる起動方法とパーティショニングのパターンを以下に示す。
 
 ***Legacy BIOS / MBR [[(参考)>http://caspar.hazymoon.jp/OpenBSD/]] [#r1743fb3]
 #ref(MBR2.png,wrap,around,right,,50%)
 UEFI登場以前から用いられてきた方法
 
 -ハードウェア上のファームウェアがHDDのセクタ0にあるMBRブートコードを実行する。
 
 -MBRブートコードは、ブートフラグがONになっているパーティションの先頭セクタにあるPBR (Partition Boot Record)に実行を移す。
 --OpenBSDでは、PBRは/usr/mdec/biosbootが用いられる。
 
 -PBRはOpenBSDのルートファイルシステム上にある/bootを実行する。
 --この/bootが「boot>」プロンプトを表示し、カーネル起動に関するユーザからの指定を受け付ける。
 
 -bootは指定にしたがって、該当するカーネルを起動する。
 
 -なお、OpenBSD用と設定された区画(右図の例ではentry 3)は、同時にdisklabelユティリティによる管理範囲(OpenBSD Area)として設定される。
 OpenBSD Areaの中にdisklabelによるBSDパーティションが作成され、ファイルシステムやスワップ領域として使われる(参考:[[他のBSDユーザのためのOpenBSD管理入門>http://fuguita.org/index.php?EBUG%CA%D9%B6%AF%B2%F1%2F20171118_OpenBSD%B4%C9%CD%FD%C6%FE%CC%E7#lde54a06]])。
 #img(,clear)
 
 ***UEFI / GPT [#bd88fd91]
 #ref(GPT3.png,wrap,around,right,,50%)
 起動にUEFI、ディスクパーテショニングにGPTを用いるパターン
 
 -ハードウェア上のファームウェアがGPT内でGUID=xxxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxxx-xxxxxxxxxxxxxxx (EFI Sys)となっているパーティションを探し、この中に \efi\BOOT\BOOT*.EFIという実行ファイル(EFIアプリケーション)があれば実行する。~
 このファイル名は、
 --i386ではBOOTIA32.EFI
 --amd64はBOOTX64.EFI
 --arm64はBOOTAA64.EFI
 
 >となっている。
 
 -OpenBSDのEFIアプリケーションは、「boot>」プロンプトを表示し、カーネル起動に関するユーザからの指定を受け付ける。~
 これは、MBR起動の場合の/bootに相当する。
 
 -EFIアプリケーションは指定にしたがって、該当するカーネルを起動する。
 
 -なお、GPTの場合にも先頭セクタの部分に、従来のMBRとの互換性を考慮してprotective MBR (保護MBR)というものが書き込まれている。これはfdiskなどのMBRを扱うユティリティが誤ってMBRを書き換えないようにするためのものである。
 
 -OpenBSD Area内の管理については、MBRの場合と同じ。
 #img(,clear)
 
 ***UEFI / MBR [#ffe7005b]
 #ref(ARM64.png,wrap,around,right,,50%)
 UEFIとしてEFIアプリケーションがロードされるが、パーテショニングとしてMBRが使われるパターン。GPTは存在しない。~
 amd64のインストールメディアやarm64で使われている。
 
 amd64のインストールメディアとarm64とでは細かい箇所で異なっている部分がある(右図はarm64)。
 
 -arm64ではUEFI用のパーティションIDは0C (FAT32L)、amd64インストーラではEF (EFI Sys)。
 
 -arm64ではUEFI用のパーティション内にはU-BOOTも書き込まれている。
 
 -amd64インストーラではMBR boot code、PBR、/bootもセットアップされる。
 -amd64インストーラではMBR boot code、PBR、/bootもセットアップされ、Legacy BIOS・UEFIのどちらでも起動する。
 #img(,clear)
 
 ***Hybrid MBR [#d8c49092]
 #ref(Hyb3.png,wrap,around,right,,50%)
 MBRとGPTの両方に同じパーテショニング情報を書込み、ブートローダもLegacy BIOS, UEFI共にセットアップしたもの。
 
 -Legacy BIOS・UEFIのどちらでも起動することが期待できる。
 
 -非標準。規格上は定義されていない方法。
 
 -MBRとGPTとを同時に変更するツールが現状ではないため、パーテショニングを後で変更することが困難。
 -現状ではMBRとGPTとを同時に変更するツールがないため、作成後にパーテショニングを変更することが困難。
 #img(,clear)
 
 **OpenBSDでのUEFI実装 [#k481c6c6]
 2015年にIIJの安岡さんにより[[実装された>https://marc.info/?l=openbsd-cvs&m=144115942223734&w=2]]。
 
 ***インストーラ [#te951c4f]
 ***fdisk [#qb5830d2]
 ***installboot [#i0c2305e]
 **河豚板での実装 [#p656b6cc]
 ***usbfadm [#y8bbf7e2]
 #ref(FuguIta.png,wrap,around,right,,50%)
 #img(,clear)
 
 ----
 #topicpath
Top Index Search Recent Backups  Help  RSS