#topicpath
 *OpenBSD管理入門 [#gbf9e17f]
 RIGHT:EBUG 第63回会合 ~
 2017年 11月18日、長岡市xxxx ~
 川俣吉広、kaw@on.rim.or.jp
 
 **ストレージ [#lde54a06]
 -OpenBSDでは、fdiskパーティションとdisklabelパーティションが個別に存在する。
 --fdiskパーティションとdisklabelパーティションの設定は連動しない。fdiskパーティションのOpenBSD領域とdisklabelパーティションのOpenBSD boundaryはセクタ単位で合わせておく必要がある((インストール時には自動で行われる))。
 --OpenBSD boundaryの中にdisklabelパーティションを作成する。
 
 -デバイスは ''/dev/sd0a'' のように命名される
 --デバイス:wd=IDE, sd=SCSI/SATA/SD/USB-mem..., cd=CD/DVD...
 --0..9:デバイスのマイナー番号
 --a..p:パーティション (b:swap, c:メディア全体, i..k:FAT/NTFS/EXTFSなど(で使われることが多い))
 
 -デバイス名は sd0a というような従来の命名法に加えて、
 デバイス毎に生成される固有な値である DUID (disklabel UID) を使うこともできる。
 --表記としては、''sd0a'' の替わりに ''fbab11c399a0565f.a'' などとなる。
 --インストール時に生成される /etc/fstab はDUID表記が用いられる。
 
 **ネットワーク [#q2ac4220]
 -ネットワークの基本的な設定は、/etc 内にある以下のファイルで設定される。
 :myname|ホスト名のFQDN
 :mygate|デフォルトゲートウェイ
 :hostname.'''if'''|ネットワークインターフェースの設定~
 '''if'''の部分には設定対象となるem0などのインターフェース名を表記する。~
 VLANやブリッジなどの仮想インターフェースも記述する。~
 基本的にはIPアドレスやネットマスク、あるいは無線LANのSSIDや暗号化キーなど、
 ifconfigコマンドの引数となるものを記述する。
 :resolv.conf|名前解決の設定
 :hosts|既知のホスト名とIPアドレスの対応表
 :pf.conf|パケットのフィルタリング、アドレス変換、帯域制御などの設定
 
 -上記のファイルはインストール時に生成されるが、
 その後設定変更等を行う場合はテキストエディタを編集し、以下の操作で変更を反映させる:
 --mygate, myname ... OSの再起動
 --hostname.if
  sh /etc/netstart if ... ネットワークインターフェースifを再初期化する場合
  
  sh /etc/netstart    ... 全てのネットワークインターフェースを再初期化する場合
 --resolv.conf, hosts ... 即時反映
 --pf.conf
  pfctl -f /etc/pf.conf
 
Top Index Search Recent Backups  Help  RSS