EBUGの原稿
 *OpenBSDでLive CDをつくる [#t51994f1]
 **Why OpenBSD?, Why Live CD? [#e2ba0579]
 -Other BSD / Linux では?
 --Linuxでも昔1FDとかいじっていた。
 --一番慣れたBSD
 --make releaseが昂じてやってみたくなった
 --一番慣れたBSD → make releaseが昂じてやってみたくなった
 --OpenBSDには定番がない
 ---Linux ... 非常に沢山
 ---FreeBSD ... FreeSBIE
 ---NetBSD ... pkgsrc : sysutils/mklivecd
 ---NetBSD ... pkgsrc - sysutils/mklivecd
 ---以前 OpenBSD を使った 1CD snortがあった
 -Live CDの利点
 --利用の容易さ
 **Boot手順の概要 [#e2b049ba]
 |BIOS|
 CENTER:↓
 ||HDD|FD|CD|
 |boot&br;sector|MBR|1st sector|El-Torito|
 |1st stage&br;boot|PBR(biosboot)|biosboot|cdbr|
 |2nd stage&br;boot|/boot|/boot|/cdboot|
 CENTER:↓
 |kernel|/bsd|
 |~|mount root fs|
 CENTER:↓
 |user&br;land|/sbin/init|
 |~|/etc/rc|
 |~|(fork gettys, etc...)|
 **方針 [#ke7c2074]
 -実環境をなるべく弄らないで載せたい。
 --常用環境を持ち歩きたい
 --実環境のバックアップシステム
 **実際 [#t0c1505a]
 ***アプローチ1 [#b56439b6]
 -CD-ROMを直接マウントする。
 --kernel config ... ''config bsd root on cd0c''
 --RWな領域の確保
 ---mfs
 ---union FSを使ってCDにmfsを被せる。
 --CDの作成
 ---vnデバイスでファイルシステム作成
 ---ISOイメージ作成 ... mkhybrid
 ---CD-ROM書込 ... cdrecord
 -欠点
 --「実環境をなるべくいじらない」にちょっと反する;
 ---/etc/rcの改造が必要
 ---mfsのためのディレクトリをあらかじめ作成する必要あり
 --Union FSが不安定 ... OpenBSD 3.8 でレイヤー系のファイルシステムは削除されてしまった。
 ***アプローチ2 [#w2b10a7b]
 -rd (RAM Disk)デバイスをrootとしてマウント ... インストーラが使っている方法
 --kernel config ... config*** option??? MFSROOT/MFSROOTSIZE / pseudo-device??? rd 1
 --rdsetrootでroot FSイメージをカーネルに組込む。
 ---rd layout ... 必要なコマンドのみ, /etc/rc
 ---/etc/rcの構造
 -欠点
 --Read Onlyの部分でRWをエミュレートするのが繁雑
 ---一部RWでないと動かない部分があった ... /usr/X11R6/X11/lib/xdm/authdir
 ---mfs+nullfs ... UnionFSよりは若干安定
 ---lndirを試してみる ... symlink NGなものもあり ... /usr/lib/exec/auth/*
 **雑感 [#l36bc2da]
 -Security Issues
 --ホスト固有の情報を入れると危険
 --mfs上の情報は消えると復帰できない。
 **参考文献等 [#a2f27536]
 -manpage
 --boot, biosboot, installboot, release
 -Books
 --BSD MagazineのRD, MFS関係の諸記事
 --Unix Magazine の Linux boot 周り (MBR〜LILO) のあたり
 -Links
 --kaw.ath.cxのLiveCDを作ってみるに載せたもの。
 --kaw.ath.cxの[[LiveCDを作ってみる]]に載せたもの。
 --LinuxのLive CD一覧集
 -kaw.ath.cxの配布URL
Top Index Search Recent Backups  Help  RSS