**超小ネタ ... ネットワークから(しか)使用できないMP3プレーヤ [#yfff556d]
~
|&ref(jukebox.png);|
|CENTER:曲を登録中&br;SIZE(9){(ってKonquerorでファイルをコピーしてるだけだけど…)}|
これは、
-DEC Digital HiNote Ultra II
--CPU: Pentium 100MHz
--Mem: 40MB
--HDD: 1GB

での実行例です。こんなスペックでも十分実用になっています。~
インストール後のシステムサイズは40MBをちょっと切るくらいで、
それを差し引いたHDDの空き容量にMP3ファイルを格納できます。~
現役引退マシンの活用方法としていかがですか?
**インストール [#ke82c8ed]
ネットワークインストールができるようになりました。
インストールの手順は、通常のOpenBSDのインストール手順とほとんど一緒です。
+インストール用のブートメディアを作成し、そのメディアで起動。
--''通常のOpenBSD 3.7の配布物に含まれているもの''からFDやCD-ROMなどを作成。
+通常の手順に従ってインストール。
+手順の一部のみを以下のようにする;
--パッケージの取得方法 ... ''http''
--サーバ名 ... ''kaw.ath.cx''
--サーバ上のパス ... ''dl/pub/OpenBSD/jukebox''
--インストールするパッケージ ... メニューに表れたbsd, base37.tgz, site37.tgz を''全て指定''(''all''と入力)する。
--タイムゾーン ... 必ず ''Japan'' を指定(それ以外は削除されているため)。
+インストール後、リブートして再立ち上げする。[[Wizard of OS>http://www.openbsd.org/lyrics.html#37]] が聞こえてくればOK。
**使用方法 [#v86766c0]
演奏コンテンツをいじるには、以下のアカウントを使用する。
-ユーザ名: ''mp3play''
-パスワード: ''play/it''
このアカウントを用いて、ftp, sftp, scpなどでアクセスする。
***曲の登録 [#s0a63dd6]
ユーザmp3playのホームディレクトリは以下のようになっている。
 /home/
   |--mp3play/
       |--jukebox/
           |--attic/     コンテンツの一時退避
           |--ctrl/      演奏の制御のためのファイルを格納
           |--playlist/  演奏するコンテンツを格納
           |--play.sh    演奏の制御スクリプト
演奏するファイルは、MP3形式で、ファイル名が ''.mp3''で終わるもの。
これを /home/mp3play/jukebox/playlist 以下にコピーすると自動的に
演奏される。
playlist以下にサブディレクトリがあった場合、その下も再帰的に
辿って演奏される。

聞きたくなくなった曲は、単純に削除すればよい。
ディレクトリatticに一時的に退避しておくこともできる。
**Tips [#f6fe01d7]
:再生を停止したい場合|MP3ファイルを削除するかあるいは別のディレクトリに退避する。~
''/home/mp3play/jukebox/ctrl/pause''というファイル(空ファイルでよい)を作ると、そのファイルが存在している間、再生が一時的に停止する。
:動作をカスタマイズしたい|''/home/mp3play/jukebox/ctrl/opts''というファイルの内容がMP3エンコーダmpg123の実行時にコマンドラインオプションとして渡されるので、ここでカスタマイズ。
:スクリプトを停止したい場合|''/home/mp3play/jukebox/ctrl/exit''という名前のファイルを作成する。
**現行バージョンでの制限 [#d7f01537]
-mpg123に渡すオプションは、プレイリストの先頭でのみ読み込まれる。
----
[[FrontPage]]
Top Index Search Recent Backups  Help  RSS