*河豚板の運用バリエーション [#qfc8a6d3]

河豚板は当初LiveCDとして出発しましたが、現在では様々なデバイスを利用できるようになっています。

また、運用時の形態にもいくつかの種類があります。

そこで、それらのデバイスはどのような使い方ができるかの組合せを表にしてみました。

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|デバイス|CD (配布ISO)|USB (配布img)|USB (usbfadm)|OpenBSD|SD (usbfadm)|ExtFS/&br;NTFS/FAT|tmpfs|
|LEFT:BGCOLOR(#ffffc0):|LEFT:BGCOLOR(#ffff80):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|BGCOLOR(#ffffc0):起動          |BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0c0c0):×|
|起動モード  |0,1,2               |BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0c0c0):×|
|~|3                              |BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0c0c0):×|
|起動&br;パラメータ|手動          |BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0c0c0):×|
|~|自動                           |BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0c0c0):×|
|>|BGCOLOR(#ffffc0):運用デバイス  |BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|
|>|BGCOLOR(#ffffc0):ファイル保存先|BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0ffc0):◯|BGCOLOR(#c0c0c0):×|BGCOLOR(#c0c0c0):×|

**表の説明 [#m4a5546c]

上の表で、各列は河豚板が扱うことのできるデバイスを示します。

:CD (配布ISO)|配布サイトからダウンロードしたISOイメージを焼いたCD, CD-R, CD-RWなどです。~
DVDに焼いて使用することもできますが、サイズはCDと同じ700MBとなります。
:USB (配布img)|配布サイトからダウンロードしたIMGファイルを書き込んだUSBメモリです。~
使用するUSBメモリのサイズにかかわらず、容量は1GB固定 (システム700MB+データ保存領域300MB)となります。
:USB (usbfadm)|河豚板のusbfadmコマンドを使って作成したUSBメモリです。
:OpenBSD|すでにインストールされているOpenBSDシステムです。
:SD (usbfadm)|河豚板のusbfadmコマンドを使って作成したSDカードです。
:ExtFS/&br;NTFS/FAT|Linuxのext2fs〜ext4fsやWindowsのNTFS, FATのパーティションです。~
これらのパーティションに
:tmpfs|

そして、表の各行は河豚板の起動時や運用時に選択することのできる動作形態です。

:起動|表の各行
:起動モード|表の各行
:パラメータ設定|表の各行
:運用デバイス|表の各行
:ファイル保存先|表の各行


//|>|>|BGCOLOR(#d0d0d0):A. 起動に使用するデバイス|
//|1|配布ISOイメージを焼いたCD||
//|2|配布IMGイメージを書き込んだUSBメモリ|パーティションサイズ1GB固定|
//|3|usbfadmでフォーマットしたUSBメモリ|フォーマット時パーティションサイズ指定可|
//|4|インストール済のOpenBSD|bsd-fi.mpカーネルをコピーし、起動時に「boot>bsd-fi.mp」と入力|
//|>|>|BGCOLOR(#d0d0d0):B. 起動モード|
//|0|標準|通常のLiveCD/LiveUSBとして起動|
//|1|省資源|省メモリ(最小64MB程度)、起動時間短縮。但しpkg_add等不可|
//|2|オンメモリ|全てのファイルをtmpfsに配置。メモリは700MB以上必要|
//|3|復帰|セーブされたファイルを読み込んで起動|
//|>|>|BGCOLOR(#d0d0d0):C. 起動形態|
//|1|手動|起動モード、tmpfsサイズ、運用デバイスなどを手動で入力|
//|2|自動|noasksファイルから設定値を読み込んで起動|
//|>|>|BGCOLOR(#d0d0d0):D. 運用に使用するデバイス|
//|1|配布ISOイメージを焼いたCD||
//|2|配布IMGイメージを書き込んだUSBメモリ||
//|3|usbfadmでフォーマットしたUSBメモリ、SDカード、HDD、SSD等||
//|4|内蔵HDD等のffs, extfs, NTFS, FATパーティション|/ISOディレクトリを作成し、そこにFuguIta-*-*.isoファイルをコピーしておく|
//|5|なし|起動モード2、又は起動モード2を保存して起動モード3で読み込んだ場合|
//|>|>|BGCOLOR(#d0d0d0):E. ファイル保存先|
//|1|配布IMGイメージを書き込んだUSBメモリ||
//|2|usbfadmでフォーマットしたUSBメモリ||
//|3|HDD等のffsパーティション|/livecd-configディレクトリを作成しておく|
//----

Top Index Search Recent Backups  Help  RSS