*河豚板のビルド手順 [#z0597510]
 
 **ビルドツールの準備 [#kf5604b0]
 -ソースツリーsrc/* xenocara/* ports/*をCVSアップデートし、OpenBSDのフルビルド実施
 
 -作業ディレクトリの準備
 --前バージョン/opt/fi/X.Y-1を/opt/fi/X.Yにコピー
 --''make open-media''
 ---fuguita-X.Y-1-arch.ffsimgをfuguita-X.Y-arch.ffsimgに改名
 ---'make open-fuguita''
 ---syncrootディレクトリの内容をfuguitaディレクトリに同期させる
 ---syncrootをrefroot-X.Yに改名
 --syncrootディレクトリを作成
 --archived-images、workroot、sysの各ディレクトリをクリーンアップ
 ---fuguitaディレクトリ以下を消去し、ゼロフィル
 --''make open-rdroot''
 --- 河豚板のCVSをアップデート
 -- bootbin作成用にTOOLDIR/lib/special以下をコンパイル
 -- TOOLDIR/lib/bootbin上でクランチバイナリを生成
 -- カーネルのビルド
 ---TOOLDIR/sys以下を/usr/src/sysにlndirする
 ---カーネル構成ファイル RDROOT、RDROOT.MP をアップデートし、コンパイル
 -- TOOLDIR/rdroot/devにvnd4、vnd5を追加する
 
 ----
 
 - TOOLDIR/fuguita 以下のコンテンツ作成作業
 -- in TOOLDIR/fuguita上で {base,comp,games,man,xbase,xserv,xfonts}??.tgz を展開
 -- /var/sysmerge/{etc,xetc}.tgz も展開
 --/usr 関連の作業
 ---binディレクトリのぶらさがりシンボリックリンクを修正
 ---/usr/share/relink/kernel.tgzを削除
 ---/usr/fuguita以下のコンテンツを作成
 ---/root/.profile and /etc/skel/.profileに/usr/fuguita/{bin,sbin}の実行パス追加
 --TOOLDIR/fuguitaにchrootしての作業
 ---rsync、rlwrapper、pvをpkg_ADD
 ---ldconfig -mを実行
 ---MAKEDEV stdを実行
 --/etc関連の作業
 ---/etc/hosts中にlocahostエントリを追加
 ---/etc/localtimeをUTCに設定
 ---/etc/rc.firsttimeを作成
 ---/etc/installurlを作成。中身はhttps://cdn.openbsd.org/pub/OpenBSD
 ---/etc/man.confを修正し、makewhatis実行
  manpath /fuguita/usr/share/man
  manpath /fuguita/usr/X11R6/man
  manpath /fuguita/usr/local/man
  manpath /fuguita/usr/fuguita/man
  manpath /usr/local/man
  manpath /usr/fuguita/man
 /usr/share/manと/usr/X11R6/manをmanpathからはずすのは、makewhatisが走ったときに/usr/share/man/mandoc.dbと/usr/X11R6/man/mandoc.dbが消えてしまうのを防ぐため。特に/usr/X11R6/man/mandoc.dbが存在しないと、portsでのbuildに失敗する。
 ---/etc/mtree/specialを修正
 ---/etc/sysctl.confを修正
 ---/etc/rc中、ASLR関連部分を修正し、KARLを無効にする/etc/rc.diffを作成
 --/var関連の作業
 ---/var/db/host.ramdomを生成
 ---不要なファイルを削除
 --X関連の作業
 ---/root/.Xauthority, /root/skel/.Xauthorityを作成。サイズ=0, mode=0600
 ---mkfontdir、mkfontscale、fc-cacheを実行
 --最終調整
 ---/root/.ksh_historyがあれば、削除
 ---fast boot cache /usr/fuguita/etc/mode0symlinks.cpio.gz ファイルを作成
 ---TOOLDIR/libにある起動関連のファイルをコピー
 --ISOイメージ作成
 ---make contall実行
Top Index Search Recent Backups  Help  RSS