*河豚板とは [#v1de7f5b]
河豚板(ふぐいた)はOpenBSDというOSをベースにしたライブシステムです。

河豚板は無償で入手し、利用することができます。

CD-RやUSBメモリに書込んだ河豚板をPCで起動するだけで、手軽にOpenBSDを活用することができます。
//>''【メモ】''

目次
#contents

*河豚板を作る [#ha898539]
河豚板を使い始めるには、
-まず最初に河豚板の配布サイトからファイルをダウンロードし、
-ファイルは圧縮されているので、これを展開し、

展開済みのファイルをCD-RやUSBメモリに書き込みます。

**河豚板をダウンロードする [#r740bc2a]
河豚板のダウンロードサイトは2つあります。サイトの内容は同じなので、どちらのサイトを利用しても変りません。
-http://mirror.ginzado.ne.jp/pub/FuguIta/
-http://livecd-mirror.ebug.jp/LiveCD/

サイトにアクセスすると、以下のような内容が表示されます。

 Index of /pub/FuguIta
 
 [ICO]             Name                Last modified   Size Description
 ----------------------------------------------------------------------
 [DIR] Parent Directory                                   -
 [TXT] 0_README.SAMPLE.eucj.txt      01-Apr-2010 05:34  36K
 [TXT] 0_README.SAMPLE.txt           01-Apr-2010 05:33  36K
 [TXT] 0_README.txt                  27-Jul-2014 21:08  723
 [TXT] 0_WE_HAVE_FASTER_MIRROR.txt   10-May-2015 23:37  253
 [ ]   FuguIta-5.8-201512051.img.gz  05-Dec-2015 12:23 325M
 [ ]   FuguIta-5.8-201512051.img.xz  05-Dec-2015 12:24 241M
 [ ]   FuguIta-5.8-201512051.iso.gz  05-Dec-2015 07:33 323M
 [ ]   FuguIta-5.8-201512051.iso.xz  05-Dec-2015 07:35 238M
 [ ]   MD5                           03-Dec-2015 09:50 4.9K
 [DIR] old/                          05-Dec-2015 12:25    -
 [DIR] test/                         05-Dec-2015 12:25    -
 [DIR] tools/                        06-Nov-2015 04:38    -
 ----------------------------------------------------------------------
 
 Apache/2.2.15 (CentOS) Server at mirror.ginzado.ne.jp Port 80
このうち、「FuguIta-」で始まる名前のファイルが河豚板の配布物です。~
このファイル名の意味は、次のようになっています。
 FuguIta-5.8-201512051.iso.gz
         --- --------- --- --->ファイルの圧縮形式です。
          |      |      |      ・gz ... gzipコマンドを使って圧縮
          |      |      |      ・xz ... xzコマンドを使って圧縮
          |      |      |
          |      |      +->ファイルの種類です
          |      |         ・iso ... CD-R/CD-RW書込み用のISOイメージです
          |      |         ・img ... USBメモリ書込み用の生イメージです
          |      |
          |      +->河豚板のリリース(バージョン)です
          |         ・「年月日」「一連番号」 の形式となっています
          |         ・一連番号は、一日のうち2つ以上の河豚板を作成した場合、
          |           一つづつ増えて行きます
          |
          +->この河豚板の元となっているOpenBSDのバージョンです
作成するのがLiveCDか、あるいはLiveUSBか、そして手元で使えるファイル圧縮/展開ソフトがgzipかxzかでダウンロードするファイルを選択します。

>''【メモ: 圧縮ソフトについて】''ファイル圧縮/展開ソフトはgzip形式に対応したものの方が普及しています。一方、xzはgzipよりも圧縮率が高く、ダウンロード時間が短くて済みます。
**河豚板のLiveCDを作る [#ibfed0ca]

**河豚板のLiveUSBを作る [#sa216e5d]

>''【メモ】''USBメモリは、1ギガバイト以上のサイズのものが必要です。~
・1ギガバイト以上のUSBメモリを使用しても、1ギガバイトを超える部分は使用されません。USBメモリの全てを使用したい場合は[[動作中の河豚板から河豚板のLiveUSBやデータ保存用USBを作る]]を参照して下さい。

*河豚板を起動する [#i322b9ad]
 Booting from DVD/CD...
 CD-ROM: E0
 Loading /CDBOOT
 probing: pc0 com0 apm pci mem[639K 254M a20=on]
 disk: fd0 hd0+* cd0
 >> OpenBSD/i386 CDBOOT 3.23
 |
 >> Uniprocessor kernel is
 >> 'bsd-fi' .
 >> Enter this if you wish.
 
 boot>

*河豚板を使う【一般編】 [#v7ad37bc]
**タイムゾーンを変更する [#i0182778]
**NTPサーバを変更する [#j453b186]
**一般ユーザを登録する [#h1216f6c]
**日本語の設定をする [#xf160360]
**X Window Systemを使用する [#a1cfa1e7]
**設定やファイルを保存する [#k57e4ba1]
**保存した設定やファイルを起動時に読み込む [#w4595c42]
**河豚板を終了する [#r5ff7390]

*河豚板を使う【応用編】 [#kf683b7c]

**アプリを追加する [#af9dcfcb]

**動作中の河豚板から河豚板のLiveUSBやデータ保存用USBを作る [#ld36d7ec]
**OpenBSDと河豚板を共存させる [#d99117a6]
**WindowsやLinuxと河豚板を共存させる [#b882fb9c]
**複数の河豚板を併用する [#o7bfa547]

**起動時の入力を省略できるようにする [#b493ab9a]
**終了時にデータが自動で保存されるようにする [#m8ee7943]

**一般ユーザが一時的にシステム管理者になれるようにする [#f2649d0e]

**X Window Systemのログイン画面を有効にする [#ceb55706]
**ウィンドウマネージャを変更する [#bd4c8ca3]

**河豚板をバージョンアップする [#h2ce3537]
**河豚板をモバイル環境で使う [#x0c50917]

**起動時間を短縮する。使用メモリを少なくする。 [#h4bd3eba]

**河豚板を記録メディアを使用しないで動作させる。 [#zaeb073d]

*河豚板を使う【開発編】 [#oc4ca9a6]

**動作中の河豚板から河豚板のISOイメージを作る [#ad9d1db1]
**動作中の河豚板から河豚板のLiveイメージを作る [#ad9d1db1]
**河豚板の開発ツールを使う [#m0eda68f]
Top Index Search Recent Backups  Help  RSS