System Activity Grapher - 概要

機能概要

SAG (System Activity Grapher)は、システムの動作状態を測定・記録し、 各測定項目をグラフ化して表示するスクリプト集です。 SAGの生成するグラフを定期的に監視することで、 システムリソースの使用状況の解析や動作異常の検出に 活用することができます。

特徴

シンプルな実装
小さなスクリプトを組み合わせて実装しているため、改造が容易です。データの取得方法さえ分かれば、新しい測定項目を追加することもできます。
低負荷なデータ取得
データの取得動作は、基本的にはデータをファイルに追記するだけで、特別な加工は行いません。また取得プロセスは低優先度で実行されるので、システムの本来の動作に与える影響はわずかです。Linux/PC98が動作する486DX 66MHz、メモリ14MB、HDD 340MBという低スペックマシンでの動作実績もあります。
少ない占有容量
スクリプトは合計で10キロバイトほどです。取得データは圧縮されアーカイブされます。記録されたデータを含めても、最大で10メガバイト程度です。
長期間の傾向把握
最大99日間の期間を分解能1分で記録します。データは一時間単位で集約・表示されますので、システムの長期にわたる動作傾向を把握するのが容易です。逆に、グラフ作成は一時間に一回だけなので、リアルタイムでの監視には向いていません。

対応システム

SAGは、Bourne Shellスクリプト、Perlスクリプトで記述されており、 これらの言語処理系がインストールされたUnix系OSで動作します。

SAGの動作には、以下のものが必要です。

  • Perlインタプリタ
  • Bourne Shell系のコマンドインタプリタ
  • グラフ生成ソフト gnuplot
  • 画像ファイル変換ユティリティ netpbm (ppmtogifコマンドを使用)
  • システムの状態を取得するためのインタフェース
    • Linux互換の/procファイルシステム
    • 又は、同様な情報を取得できるシステムコマンド

現在提供しているスクリプトでは、以下のシステムをサポートしています;

  • Linux 2.0 - 2.4
  • Linux 2.6
  • SunCobalt RaQ3, RaQ550
  • OpenBSD 3.0〜

測定項目

現在SAGがサポートしている測定機能は以下のとおりです。

項目測定間隔表示値備考
ロードアベレージ1分最小・平均・最大
プロセス起動数1分最小・平均・最大Linuxのみ対応
ネットワークトラフィック1分送受信それぞれの平均・最大
CPU温度5分最小・平均・最大Sun Cobaltのみ対応
ファン回転数5分最小・平均・最大Sun CobaltRaQ 550 のみ対応
メモリ使用状況5分TEXT,キャッシュ, スワップの使用率
ディスク使用率1時間各パーティションの使用率

データ取得は、上の表のように項目毎に一定の間隔で 行われ、一時間に一回、集計結果をグラフ画像として生成します。

上の表で「最小・平均・最大」とあるのは、 1分または5分間隔で取得したデータの一時間あたりの最小値、 平均値、最大値を算出し、3本のグラフとして描くという意味です。



Reload  New Edit Freeze Diff Attach Copy Rename  Top Index Search Recent Backups  Help  RSS
Last-modified: 2005-11-05 (Sat) 13:40:53 (4669d)