LiveCDとは、FreeBSDのFreeSBIE、Linuxでいえば、Knoppix, SlaxやCD-Plamoなど、ハードディスクに インストールせずにCDブート媒体のみで使えるシステムのこと。

OpenBSDでこれをやってみた;

作成のポイント

  • 作成手順をスクリプト/Makefile化し、簡単にCDを作成できるようにする
  • 現用のシステムなどになるべく手を加えずにCD化できるように工夫してみる。

Live CDの動く仕組み

OpenBSDインストールディスクが使用している方法

→ rd (RAM Disk)デバイスをルートファイルシステムとしてマウントする

  • ルートファイルシステムは、カーネル組込み
  • CD-ROMはその下のサブディレクトリにマウントする
  • 書き込み可能領域は、mfsにより確保。内容はCD-ROMからコピー
  • CD-ROMおよびmfsをシンボリックリンクでつないでいき、最終的な運用状態のファイルツリーを完成させる。

Live CDを作成する手順の概要

  • rdデバイスをカーネルに組込み。起動時rdをルートファイルスシテムとしてマウントするカーネルを作成
  • vnodeデバイス上に起動時にマウントされるファイルツリーのイメージを作成
  • 作成したカーネルにファイルイメージをrdsetrootで組込み
  • ベースとなるシステムの全ファイルツリーを作業用ディレクトリにコピー
  • 作業用ディレクトリに作成したカーネルをコピー。OpenBSDの配布物からCD-ROMのブートローダをコピー。
  • 作業用ファイルツリーをISOイメージに変換し、CD-Rに焼く。
    BuildFlow.gif

成果物

  • ダウンロード
    このディレクトリのISOイメージをbzip2を使って展開後、 適当なCD burner (cdrecordなど)で焼けばOpenBSD LiveCDのできあがり。
  • 実際の使いかたに関しては、LiveCDの歩き方?をどうぞ。

Attach file: fileBuildFlow.gif 1417 download [Information] fileBuildFlow.fig 758 download [Information]
Reload  New Edit Freeze Diff Attach Copy Rename  Top Index Search Recent Backups  Help  RSS
Last-modified: 2006-04-30 (Sun) 00:29:42 (4612d)