昔っからUnix系のOSは、ちょくちょくいじってきた。

大学時代のOS-9/6809, SONY NEWS (4.2BSD)に始まり、 日立2050 (HI-UX)、そして10年ちょい前に「パソコンでもUnixが走るらしい」 ということで、386BSD, Linux (SLS, Yggdrasil)などを。

1999年頃に会社の社内LANのサーバをPlamo LinuxやFreeBSDで運用。 いやセキュリティパッチだ、バージョンアップだなどとやっていた。

そんな折り、創刊されたばっかりのBSD Magazine。 おまけCDを見るといろんなBSD Unixが入ってる。

空いていたノートパソコンに試しに入れてみた。 で、たまたまうまくインストールできたのがOpenBSD 2.8 (FreeBSDはすでに使っていて、新鮮味がないし、NetBSDはネットワークが 認識できないか何かでうまく入らなかったような)。

ナニゲに使いはじめたOpenBSDだが、「結構これっていいんじゃない」と 思い始めた。

外向けのサーバを運用するのに必要なものが過不足なく用意されている印象。 セキィリティ修正にしても、(当時会社で使ってた某アプライアンス製品*1のように) 配布元が中々出さないバイナリパッケージをやきもきしながら待つこともない。 野良makeしたソフトをバージョンアップしようとしたら、libcが古くなっちゃってる とかの理由で、そのままではコンパイルできず、やむなく手でソースコード修正なんて こともない。

てなわけで、今に至る、と。

で、最初にOpenBSD 2.8を入れ、いまOpenBSD 4.5が動いているこのWikiサイトまで、一貫してこのオペレーティングシステムを使用しています。

現在は、職場・プライベートの両方で運用を行っています。


FrontPage



*1 最初CPUにMIPS使ってたアレ
Reload  New Edit Freeze Diff Attach Copy Rename  Top Index Search Recent Backups  Help  RSS
Last-modified: 2008-05-24 (Sat) 22:05:37 (3738d)